改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

開幕Roser53名予想

職場の無責任な上司に悩まされ中,とにかくノー天気で,問題意識,責任感が明らかに欠如。
全く頼りにはしていないが,一応上司なので,なんちゃってお伺いを立ててはみるものの,もれなく「やったことないのでようわからん。」「任せるわ。」「他に聞いてみ。」などというナイスなアドバイスが返ってくる。そして,周りが忙しくてヒーヒー言っているのに,自分だけ有休を取ったり5時ダッシュしやがる。

この大物感たっぷりな上司,まだ40代前半で管理職に成り立てなのに,こんなんでええんかいな,と思ってはみたものの,もう言うだけ無駄なので,「自分はこんな管理職にはならない。」と心に誓うだけ。

ただ一言だけ言っておこう,「テメーは自分を体育会系とか思っているようだが,行動が伴わない体育系ほど鬱陶しいヤツはいねーよ。」


今日は開幕Rosterの53名を予想してみます。

【QB】R.フィッツパトリック,T.シグペン,B.スミス(3名)
まず,この3人で決まり。不安はあるにはあるが,Fitzは実力的には,オフェンスを安定してまわすくらいには落ち着いてきたと思う。あとは,調子の波を何処まで少なく出来るか。4000ヤードパサーになれとは言わないので,TDとIntの比率が2:1くらいでQBレートが80代後半くらいを維持できれば,それで良い。ブラスミは,怪我さえなければかなりの武器になると期待できる。

【RB】F.ジャクソン,C.J.スピラー,J.ホワイト,C.マッキンタイアー(FB)(4名)
この4人もまず鉄板。オフェンスの鍵を握るスピラーは,この際,得意とするスロットバック起用偏重でも良いのではないか。まずは,ランとレシーブで1000ヤード超えを目標に。むしろ,テールバックとしては馬力があり突破力のあるホワイトに期待。
FBのマッキンタイヤーは,(OLを除く)チーム一のリードブロッカー,常時起用したいほどの実力者だけど,チームのマルチレシーバーとワンバックFがベーシックの中ではそれほどの機会は無いかな。

【WR】S.ジョンソン,M.イーズリー,R.パリッシュ,D.ネルソン,D.ジョーンズ,N.ルーズベルト(6名)
こちらも最終的にはこの6名で落ち着くことは間違いなさそう。セカンドレシーバー争いが注目されてるけど,このチームのオフェンスが機能するかどうかは,スロットの二人(パリッシュ,ネルソン)に掛かっています。特に昨年,ブレークし損ねたパリッシュが今年こそブレークできるか。タイプ的には,PatsのW.ウェルカーのような感じで,小回りが効き,ステップワークでRACを稼ぐ。
セカンドレシーバー争いに目を移すと,Stevieがレシーブ数を稼ぐタイプなので,もう一人はBigプレーメイカーが欲しい。そうなるとイーズリーが理想的だけど。結局,来年のドラ1でレシーバーを指名することになりました,というのだけはご勘弁を。

【TE】S.チャンドラー,D.マーティン,M.Caussin(3名)
チャンドラーは鉄板ですが,他は分かりません。ただ,それは誰が残るかと言うよりも,何枠残すかということ。おそらく,この3人以外で開幕Rosterに残る選手はいないと思います。チームとしては,S.ネルソンに期待したいところですが,怪我でキャンプで殆どまともに練習していない選手を残すほど余裕は無いでしょう。実績があるわけでも無いですし,プロに入って怪我だらけなんで計算できない。今後,急に鉄人になるわけも無いし。
TEですが,今年は,昨年のように,単なるブロック要員という見方はしていないような感じで,出来ればパスターゲットとして多用したようなので,レシーブ力のあるチャンドラーとCaussinは残りそう。ただ,あいかわらずOLは不安定なんで,ブロッキングタイトは残したい,また,プレシーズンではダブルタイトFも使っているので,枠としてはもう一人残したいでしょうね。ということで,ブロック力が計算でき実績のあるマーティンを残すという予想。

【OT】D.ベル,E.ピアース,E.ワン,C.ヘアストン(4名)
なんだかんだで,この4人は鉄板ぽい。不安一杯ですが,この段階になればもう腹をくくるしかありません。RTのピアースはそこそこ頑張りそうですが,ベルはやはり苦労はしそう。それ以上に江戸湾はまだ先発を出来る力は全然無いので,ベルがダメならLTは本気でレヴィトリを起用し,あとはドミノ状態で崩れる可能性もありそう。
とにかく,今年で契約切れとなるベルの頑張りを期待するしか無いです。ダメなら,来年のドラフト1巡はかなりの確率でOT指名でしょうね。フランチャイズQBを得るためには,それは避けたいけど。

【OG】A.レヴィトリ,K.Urbik,C.ラインハート,J.Wrotto(4名)
こちらもOTと似たような感じ。Car時代にRGをしていたG.ハンガートナーをRG起用するという選択肢は個人的にはアリだけど,プレシーズンで全くそういう起用をしておらず,もはや戦力外のような感じですね。RGはUrbikと心中という感じでしょうか。

【OC】E.ウッド(1名)
先発は鉄板だけど,問題はバックアップ。昨年までの先発であるハンガートナーを残すかどうか。正直読めないけど,キャンプ,プレシーズンでの起用方法を見ると,もはやコーチ陣は戦力外と見なしているとしか思えない様子で,カットされると見ます。FA加入し残り2年の契約を残しているけど今年のサラリーは2.5M。残すには微妙な額ですね。

【DE】M.ダレウス,D.エドワーズ,S.ジョンソン,A.キャーリントン(4名)
サプライズ人事があると言えばここ。まずは,ダレウス,キャーリントンは鉄板。他の2名は普通に行けば,エドワーズとジョンソンだけど,K.HeardというNTもこなせる25歳の選手がプレシーズンで非常に良いプレーをしています。
枠としては5は無いだろうと思うので,Heardと先の2選手との比較。いずれもFA加入で似たような年齢,年俸。キャンプ,プレシーズンでの評価はジョンソンが圧倒的に優勢ですが,昨シーズン堅実な働きをして,まだFA加入して2年のエドワーズをそう簡単に切るか?という気がします。
個人的には,①ジョンソンとエドワーズを残す,②ジョンソンを先発起用しエドワーズをカットしHeardを残す,という二つのシナリオを予想。その中で,エドワーズを切るには早い,むしろ切るならジョンソンだけど,今年の出来なら切るに切れない,という理由でHeardをカット予想しました。Practice Squadで出来れば残したいですけどね。

【DT】K.ウィリアムズ,T.Troup(2名)
鉄板。スパデブM.ジャスパーはネタ的にはアリだけど,プレーを見る限りそこまでの力はまだ無さそうなんで,Squadでの確変に賭けるでしょう。

【OLB】S.メリマン,C.ケルセイ,D.バッテン,A.コールマン(4名)
ここ最近,OLB起用され,良いプレーをしているキャーリントンを本格的にOLB起用するかによりますけど,まあ,この4人は鉄板でしょうか。本来であれば,そろそろケルセイを切っても良い頃だと思いますけど,昨年,契約更新をしたところですし,理由は分かりませんが首脳の評価が非常に高いので無いでしょう。4-3DEでは頼りになりますし。
若手二人は,プレシーズンを見るとかなりの成長具合なので,先発も狙いそうだし万が一の有事の時もどちらかが穴を埋めてくれるでしょう。
キャーリントンをどうするかでかなり影響が出そうですけど,このほかにA.モーツもいますので,キャーリントンをわざわざOLB起用する理由は無いと思いますけどねえ。まあ,OLBの方が向いているということであれば別ですけど。
R.EddinsというUDFA上がりの選手がプレシーズンでも活躍し,コーチ陣の評価も高いので,残してみたいところですけど,彼を残すにはBig Surpriseが必要でしょう。

【ILB】N.バーネット,A.デーヴィス,K.モリソン,A.モーツ,K.シェパード,C.ホワイト(6名)
ここは枠をいくつ残すのかが難しい。PozがFA移籍を決めた,ほんの1ヶ月前,一体どうなるのかと思われたこのポジションもバーネット,モリソンという実績のある選手を獲得したことで,一気に事情が変わり今や飽和状態に。もともと,LBよりもNBを多く使うスキームだけに,6名もの選手を残すか疑問ですが,この6人で切れそうな選手はいなさそう。可能性があるのは,デーヴィスかホワイトですが,R.トーボーがIR入りしたことで,デーヴィスの開幕先発はほぼ間違いなく,ライバルとなるモリソンは,プレー習得にまだ時間が掛かりそう,だからデーヴィスは無いでしょう。実力的にはホワイトですが,彼はコーチからの評価も高いようなので,Squadに回すかどうか。
むしろ,怪我でまともに練習が出来ていないシェパードを思い切ってIR登録するという手もありますけど,それはまあ禁断の手でしょう。一部では,すっかり存在感の薄くなってしまったモーツをカットなんていう予想も出てますけど,それはありえんでしょ。
うーん,でもやっぱり多いなあ。やっぱりホワイトをカット→Squad登録狙い,って感じでしょうか。

【CB】D.フローレンス,L.マクケルヴィン,T.McGee,R.コーナー,A.ウィリアムズ(5名)
ここは波乱があるかも。その原因になりそうなのは,McGee。これまで長い間,エースCBだった彼も,このキャンプではNBでプレーすることが多く,再契約したD-Floや安定感が出てきたと言われるマクケルヴィンに後塵を拝しています。一応,プレシーズンではCB起用されてもいますが,既にフルシーズン働けない状態であるのは間違いなく,年3M以上支払うかなという気もします。ただ,Mcげえを切るとなると,CBは4名になりそうなんで,やっぱりないかなあ。

【S】G.ウィルソン,J.バード,D.シアシー,J.コート(4名)
先発二人は決まり。期待されたシアシーは,まだまだ先発を任せれるほどでは無い。コートはSTの中心人物としては必要。
で,カットするのはB.スコット。ポジションとしては,もう一人欲しいところだけど,53名という人数で考えると,彼を切るという結論になってしまいました。うーん,でもやっぱりしっくりこんな,この結論は。

【ST】G.サンボーン(LS),B.ムーアマン(P),R.リンデル(K)
なんだかんだで,結局この3人で鉄板。なかなか,キッカーというのは替え時が難しいと改めて実感。特にムーアマン大王の場合,単にパンターというポジションだけでなく,STのハート&ソウルな存在だし,スペシャルプレーもこなせる貴重な選手なんで,なかなか切れないですね。キッカー二人が元気な間にプレーオフに行かせてやりたいのだが。。。


オフェンスとディフェンスで,やや事情は違うものの,50名くらいまではほぼ鉄板。あとは,戦略中心に残り3名をどういう構成にするかでしょうか。特に守備は,1年前の誰を使えというの?状態からよくぞ1年でここまで揃えたと言いたい。ブログを始めて6年目を迎えますが,おそらく守備は今が一番充実していると自信を持って言えます。プレシーズン当初は,メリマンが怪我したらおしまいと思っていたけど,徐々にその考えは消えつつあります。この駒をどう使うかはコーチ次第でしょう。
逆に,攻撃はどのユニットも選手固定して底上げを図ることになりそう。層としては非常に厳しいのは事実だけど,そのような状況でも結果が残せるチャンマジックを信じることにしよう。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/726-b4799e1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。