改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ポジション別プレビュー【ディフェンス編】

さて,続きまして守備のポジションプレビューです。まだまだ人材難のオフェンスと比べ,選手としては十分戦えるだけの選手は揃ったという印象です。
問題はケミストリーと彼らを活かせるスキーム。前者は,メリマンやバーネットを筆頭に良い感じですし,問題無さそう。やはり,後者次第でしょうか。このあたりはDCのG.エドワーズよりもD.ウォンステッドに期待でしょうか。


赤文字が,開幕Rosterに残った選手です。青文字が,ポジションプレビューです。

【DE】エドワーズ,ダレウス,Sp.ジョンソン,キャーリントン,K.Heard
上位4人は予想どおり。ジョンソンが出されるのでは?と内心心配していたので,ひと安心。プレシーズンで実力を見せたHeardが見事Roster入りした。これはキャーリントンをOLBとして使う機会が多くなることを示していそう。

ダレウス以外は,おそらく他チームのファンはほとんど知らないと思うけど,実力的にはかなり高いものがあると思います。このキャンプで一番伸びたユニットのように思います。
先発は,一人はもちろんダレウス。運動量も豊富で,重量級にありがちなエブリダウンでは使えないという選手では無く,おそらくスナップの殆どでプレーしてくれると思います。新人DLが1年目からいきなり活躍するというのはかなり至難のワザですが,既に並の先発以上の実力はあると思いますし,カイル君やメリマンなどに相手のマークが分散すれば,その分楽になるでしょう。逆にその大きさで相手ブロックを引きつけてくれれば,それで十分です。初年度は個人的な数字は残せないかも知れませんが,守備へのインパクトは残してくれると思います。
もう一人は,現時点ではエドワーズですが,ジョンソンもほぼ双璧な実力をつけていますし,キャーリントンの成長カーブの大きさからすれば,彼がDEとして使われるなら先発を取ってもおかしくないでしょう。

【NT】カイル君,T.Troup
波乱ナシ。というか起こる可能性もゼロでした。

カイル君は怪我さえしなければ,今年もやってくれるはず。いやむしろ,LBのランD力が上がったこと,他のDLがパワーアップしたことで,心置きなくペネトレっておくれ。前にも言ったけど,既に「チームの至宝」。
バックアップのTroupもバルクアップしたことで,随分と力強くなった印象。昨年も出た試合では安定感のあるブロッキングを見せ,ラインにコントロールされているという印象は持たなかったけど,逆に言えば存在感は非常に薄かった。カイル君が元気であれば,先発の機会は無いだろうけど,ランDシチュエーションでは彼の力が必要になるはず。

【OLB】メリマン,ケルセイ,バッテン,R.Eddins
ビッグサプライズ。
Roster当確と思われたA.コールマンがカットされ,替わりに新人のEddinsがRosterに残りました。Eddinsに関しては,プレシーズンで活躍し,チャンが名前を挙げて「正直ビックリした。」と言っていただけにRosterに残る可能性もあるとは思っていました。けど,それ以上にコールマンやバッテンの成長が素晴らしかったので,最終的にはEddinsは煽りを受けて放出,PS登録出来ればなあと思っていました。
けど,フタを開けてみればこの結果。どういう基準でEddins>コールマン,となったのかは分からないですが,DEっぽいコールマンは,むしろ同タイプのバッテンとの比較で選ばれなかった。つまり,よりOLBっぽいEddinsとの比較では無かったのかも知れないです。
それ以外の3人は当確。人数としてはもう一人くらい欲しいところですが,モーツやキャーリントン込みで考えれば,この人数になるんでしょう。

今年のチームの命運を握るのは,間違いなくメリマン。既にプレシーズンでは全盛期に近いプレーを見せ,完全復活の準備は整っています。あとはどれだけ健康でいられるか。それが出来れば,素晴らしいプレーを見せてくれると思います。
反対側のOLBはケルセイが先発ですが,バッテン,キャーリントンも追い抜く力も既にあり,あとは経験だけ。昨年は,LBを一人減らし替わりにNBや三人目のSを入れるプレーを多用していて,今年もドラフト前後では引き続きその方針であるとチャンは言っていたけど,OLBも充実してきたことでこの方針が変わるかも知れないですね。
昨年まではノンプレッシャーでしたが,今年は,アウトサイドからのラッシュが目玉になるかも知れないです。

【ILB】N.バーネット,A.デーヴィス,K.モリソン,A.モーツ,K.シェパード,C.ホワイト
予想の範囲内だけど,一人多い。
このユニットをどうするかを一番注目していましたが,残りそうな選手は皆残りました。その中で切って欲しくなかったモーツが残り,まずは安心。願望を込めて,今後はOLBに戻すのを前提と考えたい。
ホワイトは正直,残るとは思っていませんでした。コーチ陣からの評価は高かったのですが,他の選手との比較ではどうしても劣ると思ったからです。デーヴィス,モリソンが今年限りの契約なんで,ホワイトはどうしても他に取られたくなかったんでしょうかね。

先発は,バーネットとデーヴィス。バーネットがエブリダウン選手として使われるのはほぼ間違いなく,もう一方はモリソン,シェパードとの併用でしょうか。現時点では総合力のデーヴィス,システム習得次第のモリソン,全体的な成長次第のシェパードという構図です。ただ,前述の通り,デーヴィスとモリソンは今年限りの契約ですので,コーチ陣としては出来るだけシェパードに経験させたいところでしょう。キャンプで練習があまり出来なかったことでどうなるか心配でしたが,先日のDet戦のプレーを見る限り,期待できると思います。ホワイトは,まずはSTで目立ちたいところですが,Det戦でやってしまったミスを連発していると,いつまで安泰かは分からないでしょう。

【CB】フローレンス,McGee,マクケルヴィン,A.ウィリアムズ,J.ロジャース
ミドルサプライズ。
入団後,NBなどでまずまずのプレーをしていたR.コーナーがカットされ,替わりに新人のロジャースがRosterに残りました。コーナーはPS資格無く,再契約が無い限りBufとはサヨウナラとなります。
コーナーは,プレシーズンでどの試合も随分最後の方までプレーさせられているなと思っていたのですが,これは選手が他にいないからと思っていました。Det戦では,CBとしてカバーしていたWRの単純なスラントプレーに反応できずにTDを許していました。実力的には,まだまだウィリアムズやロジャースよりも上だと思いますけど,いつまでも不安定さを脱せ無いところが嫌われたのかも知れません。コーナーを使うよりも新人の二人に出場機会を与えようということだったのでしょうか。
直前で騒動となったMcGeeは無事,残留となりました。

上位3名におそらく明確な順位は無いでしょうけど,マクケルヴィンをNBで使っているところをあんまり見ていないので,彼はCB固定でしょうか。ドラ1(全体11位)で入団して早くも4年目を迎えます。いつまでも不安定なプレーばかりを続けていてはダメでしょうし。今年は勝負の年だと思います。
S向きと言われたウィリアムズは,1年目はNBやDBでのプレーで経験を積むことになりそう。キャンプでは非常に目立っていましたが,プレシーズンゲームのプレーはイマイチ。まだまだ修行が必要です。まずは一番特徴が活かせそうなNBで結果を出して欲しいです。一方のロジャースは,どちらかといえばリターナー(PR)での残留っぽい。けど,数が少ないのでDBでのプレー機会もあるでしょう。フローレンスの調整遅れが気掛かり。

【S】ウィルソン,鳥人,B.スコット,D.シアシー
プチサプライズNo.3。
地元出身の人気者J.コートがカットとなりました。STのエース的存在でプレシーズンでもいいプレーをしていたので,ちょっとした驚きでした。やっぱりKOが35ヤードラインからとなり,KR自体が激減しているということが影響しているんでしょうね。彼のようなST専属のような選手は,このルールが続く限り,どんどん存在価値が無くなっていきそうですね。タスカー兄貴のビッグヒットに心躍らされた身としては寂しい限りです。
カット予想したスコットは残留しました。まあ,プレシーズンでも数多くのプレーで起用されていたんで当たり前といえば当たり前なんですけど。

先発はSSがウィルソン,FSが鳥人。ウィルソンはウィットナーのようにビッグヒットはないけど,その分,パスでもランでも堅実です。特に,昨年やられまくったTEのパスカバーが何処まで出来るかが注目。鳥人も新人の年のようなゾーンカバー中心でInt狙いという守備スタイルから,マンカバーで積極的に上がるという守備スタイルが随分と板についてきた感じ。弱点だったランへのタックルも随分良くなってきたと思います。1年目のようにInt連発というプレーは無いでしょうけど,ポジション取りがうまい選手なんでそのあたりが活かせれば良いプレーが出来ると思います。シアシーは,今年は修行の年になりそう。一つでも多くのプレーに参加して少しでもアピールすることが与えられたミッションです。

【ST】R.リンデル(K),B.ムーアマン(P),G.サンボーン(LS)
波乱ナシ。当たり前といえば当たり前。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/732-e53db52b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT