改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Week2 Oak戦 プレビュー

KC戦のポジション別レビューですが,諸事情がありまして今回は省略させていただきます。色々と書きたいことがあったんですけどね。
期待していた方,申し訳ありません。


◆Injury Report
【Buf】
Out T.McGee(CB)
Dbt T.Troup(NT)
Prb S.ジョンソン(WR),A.モーツ(LB)
【Oak】
Out J.フォード(WR),L.マーフィー(WR),M.ミッチェル(S)
Qst D.H.ベイ(WR),K.ボス(TE),R.シーモア(DT),M.ハフ(S)
Prb J.キャンベル(QB),D.マクファッデン,C.ジョンソン(CB),
※情報は,日本時間17日現在のものです。

先日お伝えしたとおり,McGeeは数週間の離脱のために早々にOut確定。先週の試合を休んだ二人のうち,モーツは練習に復帰しており,出場に問題無し。一方のTroupは,練習に復帰するもフル練習は出来ず,今週も欠場の可能性が高いです。
一番気になるのはエースWRのStevie。キャンプでも感じていた鼠径部の痛みが再発して木曜の練習を欠席しました。しかし,金曜には練習に戻っており本人も問題無いと言っているので,出場はまず間違いなし。

一方のOakは攻守ともに主力に怪我人続出。既に,フォードとマーフィーは練習に参加していないことで規則によりOutが確定。更にDHBも欠場の可能性が高そうで,場合によってはWRのデプス上位3人が揃って欠場するかも。
それ以外の選手は何だかんだで出てきそう。新加入のボスも限定的ながら初出場になりそうです。

ちなみに,Oakは先週の試合はマンデーナイト,しかも東海岸への移動とかなりハードなスケジュールで,この点はBufにはかなり有利になるかもしれません。

◆みどころ
開幕戦を素晴らしい試合展開で勝った両チームについて,メディアの注目度も高まっています。この試合は,どちらのチームが今後台風の目になるのかを占う一戦になるなどという指摘もあります。まあ,アメリカメディアの単純なところはこれまでにも一喜一憂させられているので,「ほう,そうかいな。」程度に受け取ってますけど。
Buf的には,先週に引き続き強力ランオフェンスをどれだけ抑えられるかで,チーム守備のレベルが図れるというもんで,そういう意味で是非とも結果を出して欲しい。他にも,2011ホーム開幕戦ですし,AORAで中継予定と,勝って欲しい要素がわんさか。
しかし,Oakとの試合は何故か毎回,90'sのノスタルジーを感じてしまいます。

◆Buf攻撃 VS Oak守備
先週キャリアハイの成績を残したFitzをはじめ,攻撃陣はランパスともに絶好調。S.チャンドラーという新たなヒーローも誕生し,心配されたOLユニットもKC戦ではしっかり結果を残すなど,非常に期待の出来る状態にあります。
ただ,個人的な印象としては,神がかり的なプレーがあったわけでなくてプランどおりにプレーを実行した結果だと思います。KC戦の大勝は,好調の結果ではなく,成長の結果だと考えて良いと思います。

Oak守備は自慢の強力DLを中心に,開幕戦でのDenのラン攻撃を合計38ヤードに押さえ込みました。試合を見た印象ではライン戦で圧倒をしたというよりも,素速い集まりで確実にギャップやキャリアーを潰していたという感じです。
まあ,先週のウチと一緒で,Denのラン機会自体が少なかったので,ランを押さえ込んだというよりもランを使わせなかった戦略勝ちという感じでもあるのでしょうか。DenのOLは弱いとは言えないですし,それだけOakのDLの顔ぶれが威圧感を与えていたんでしょうかね。

一方のパスは,K.オートンに304ヤード稼がれていますが,50回近くも投げての結果ですし成功率も5割チョイと,数字としては悪くない。けど,これはオートンの調子が非常に悪く投げミスが多かったためで,抜かれたりオープンになっているシーンは多かったと思います。

ポイントはライン戦だと思いますが,OakのDLは,タイプで言えば,苦手なスピード系ではなくパワー系で,こういうタイプにはそれほど苦労している印象は無いので結構イケるんじゃないかなと思います。
まあ,当然,DLをコントロールできるということは無いでしょうから,ランが出ることはそれほど期待できないでしょうけど。むしろ,選手としていやなのはOLBのK.ウィンブリーでしょうかね。先週,T.ハリをしっかり抑えたので期待したいと思います。

てことで,この試合のBufの得点源はやはりパス攻撃でしょう。
先に言いましたように,Oakのパス守備はそれほど良いとは言えませんしOLがしっかり時間を稼げればパス攻撃は期待できるはず。特に,マンカバーに弱いようなので,Stevie,ネルソン,チャンドラーらフィジカルが強く(Stevie以外)高さもあるレシーバーの活躍に期待したいところです。スピードで抜くことは難しいでしょうけどね。

◆Buf守備 VS Oak攻撃
Den戦では,エースRBのマクファッデンが150ヤードを稼ぎました。プロ入り後,暫くくすぶっていたものの,さすがに大学2年生でハイズマン候補になっただけの選手,今やすっかりリーグトップクラスのRBに成長しています。
マクファッデンの能力もさることながら,この立役者はOLユニットにあるのは間違いないでしょう。特に,Bigネームのいないユニットですが,基本スキームとなっているゾーンブロックがかなりハイレベルで訓練され,DenのDLを圧倒していました。これは,昨年までHCをしていたT.ケーブルの遺産でしょう。さすがに,ゾーンブロックの伝道師A.ギブスの元で学んでいただけありますね。
このゾーンブロックの完成度の高さとマクファッデンの能力の高さが見事にマッチしてリーグ屈指のランオフェンスを展開しているのがOakオフェンスであり,Oakのオフェンスを止めるためには,このゾーンブロック対策を万全にしないといけないでしょう。

ゾーンブロックでヤードを稼がれるお約束としては,2列目を守るLBが,ブロックが流れる方向に過剰反応しオーバーパシュートして反対ゾーンががら空きとなり,OLの前でカットバックしたRBがそこを抜けて,大幅ゲインするというのがあります。いわゆるカットバックレーンがカバーできていないということです。先日のDenもこういうシーンが非常に多く,最後まで修正できなかったという印象です。
Denファンの方には申し訳ないですが,いわゆるザルと呼ばれるラン守備には,最もありがちな傾向で,Bufもここ数年,同じようなミスを何度も繰り返していました。

しかし,先日のKC戦では,しっかりとこの対策は出来ていたように思います。特に,ILBのN.バーネットはオーバーパシュートするような姿は見られず,しっかりとプレーを見極め,ゲインを最小限に食い止めていました。また,S二人のランサポート能力も昨年からは上がっていますし,期待しても良いような気がします。

一方のパス攻撃ですが,Oakに信頼の出来るレシーバーがいないということ,K.ボスが出場したとしても,今年加入したところで準備不足は否めないでしょうから,それほど怖くは無いでしょう。とにかく,ランに集中し過ぎたところでの一発に気をつけたいところです。

◆キープレイヤー
☆R.フィッツパトリック(QB)
基本,この試合も先日のKC戦と同じようなゲームプランが理想的。つまり,なるべくボールコントロールをして,Oakのランの機会を少しでも奪う。この試合,ランがそれほど出ることは期待できないと思うので,その分,Fitzのパスによるコントロールが必要となるでしょう。って,今見たら先週と同じことを書いていますね。

☆S.ジョンソン(WR)
OakのDB陣は,速さはあるがマンカバーが苦手という評価の模様。確かに,先週の試合ではB.ロイドに苦戦してました。マンカバーの処理を得意とするジョンソンが確実にレシーブしてヤードを稼ぐことがパスオフェンスが機能する鍵となりそう。

☆E.ウッド(OC)
シーモア&T.ケリーという恐ろしいDT二人を相手することになるウッド,特にシーモアにはPats時代からボコボコにやられているので,何とか頑張って欲しい。

☆N.バーネット(LB)
Oakのゾーンブロック攻略の鍵を握る選手。KC戦で見せたプレーをしてくれれば問題無いでしょう。

☆S.メリマン(LB)
鍵を握るというよりも,先週の試合があまりにも大人しすぎたので,今週は是非ともインパクトのあるプレーを見せて欲しいという願望。何度も戦い,キャリアの中で最も多くサックを記録しているOak相手に「メリマンここにあり」を見せて欲しい。ちなみに,KC戦で負った肩の怪我は全く問題無さそう。

☆観客&審判
先週のOakとDenの試合は,反則のオンパレード。実に15回の反則で131ヤード以上の罰退。
Oakと言えば,反則がチームカラーみたいなもんですけど,Denも負けず劣らずで,酷くて見ていられませんでした。単に開幕戦の緊張だとか,ビジターでの試合とかいう問題では無さそうで,Oakの弱点になっているのは間違いありません。Oakがどれだけ反則するかで,試合の展開は大きく替わりそうです。Bufは絶対に付き合わないことです。


◆予想
24-17でBuf勝利。先週もいくつかランでのビッグゲインを許していたので,マクファッデンにはある程度走られるでしょう。けど,絶好調の攻撃陣がそれ以上に点を取って,試合を有利に展開していることに期待したいです。
出来れば,序盤に2本差くらいつけて試合を進めたい。逆に2本差以上を追いかける展開はかなり危険だと思います。

先週のKCが昨シーズンのラン攻撃リーグ1位に対し,Oakは2位。今週も先週同様,ランを抑えて勝つことが出来れば,また自信がつくでしょう。来週は地元でのPats戦ですので,勝って勢いをつけたいところです。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/740-1b5c055e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。