改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012年問題

やっぱり,試合のない週末は寂しいですね。


今シーズン,ここまで4勝2敗という予想外の成績はおさめてるものの,まだまだチームは仕込み段階。リーグにも十分通用する選手が増えてきた感じで,選手の育成面では順調とは言えますが,もう一つの問題は,その育てた選手達をいつまでキープできるのか,つまり契約問題です。
ここ数年,ドアマットで,かつ大型補強もしなかったためキャップ問題とは無縁でしたが,これから強いチームになっていく中で,これは避けられない問題です。

中でも,今シーズン,多くの選手が契約切れを迎えます。また,来年のオフにも多くの選手が契約切れで,彼らも早期に契約更新を考える必要があるかも知れません。
当ブログでは,これを勝手に”2012年問題”と名付け,どのようになるのかの私見を踏まえ触れてみたいと思います。
まずは,これから2年のFA予定者の一覧です。
【Free Agent YEAR】
 20122013
QBR.Fitzpatrick(28)-
RB-F.Jackson(30) C.McIntyre(32)
WRSt.Johnson(25) R.Parrish(29) N.Roosevelt(23,EFA)D.Jones(23,RFA) D.Nelson(24,RFA)
TES.Chandler(26)-
OTD.Bell(27)  E.Pears(29)C.Brown(26,EFA)
OGK.Urbik(26,RFA) C.Rinehart(26)A.Levitre(25)
OC--
DE-Sp.Johnson(29)
DT-K.Heard(26,RFA)
OLBR.Torbor(30)S.Merriman(27)
ILBA.Davis(32)  K.Morrison(29)-
CBR.Corner(27)L.McKelvin(26)
SB.Scott(30)J.Byrd(25)
KR.Lindell(34)-
P-B.Moorman(35)
LSG.Sanborn(26,RFA)-
赤太文字は今シーズンの先発選手(準先発も含む) 名前の後の数字は,本日現在の年齢

ご覧のように,これから2年で多くの先発選手が契約切れとなります。それでは,ポジション別に見ていきます。

【QB】
既報の通り,Fitzは近々,大型契約を結ぶことが濃厚。今年で29歳とQBとしては,まだまだこれから円熟味が増す年齢だと思います。理想は,これから3-5年間はバリバリやって,その間に次代のフランチャイズQBを育てて引き継ぐってパターンでしょうか。3年後くらいのドラフトで,ダイナスティ構築のラストピースとして獲れれば最高のシナリオ。それが,チャド・ケリーくんなら最高。

【RB】
Freddieとの契約は来年まで残っていますが,今年のサラリーは1.75Mとあり得ない低価格。他チームの先発どころか控えにも満たないです。キャンプで,チーム批判を行った際,契約にも不満を述べていましたが,今季MVP候補にも挙げられる活躍をしており,早期の契約見直しは必須です。

首脳陣としては,スピラーを将来のエースとして起用,Freddieはそれまでの繋ぎというのがシナリオだったはずですが,ここに来てFreddieが本格化したことで,チームにとってはややこしい話になってます。Freddieは今年で30歳ですが,元々スピードタイプでなく,衰える様子無く,あと2-3年は一戦で出来そうな感じ。
Fitzと並びチーム復興の象徴になっているだけに,彼との契約問題を上手くこなさないとチームへの波及効果は大きいと思います。とりあえず,契約切れまで待つというのはほぼ無理でしょうね。まさか,トレードなんて無いでしょうけど。

安定したSTでのプレーと共に,何気に,ここ数年,ブロック力が凄いことになっているMcIntyreも今やチームには欠かせない選手。ただ,年齢的にも次の契約まででしょうか。

【WR】
Fitzとの新契約を 結んだ後の次のミッションは,Stevieとの新契約。とはいえ,Fitzの時のように簡単にはいかないと思います。
報道によれば,彼の参考となるのは,SeaとS.ライスがこのオフに結んだ5年43Mという契約らしいです。ただ,昨年と今年のこれまでの実績のみで,チームが果たしてそれほどの契約を出すのかは少し疑問。2008年にL.エヴァンスと結んだ4年38Mとほぼ同額ではありますが,今回は他の選手との契約もありますので。
報道でも,両者に開きがあるとされています。チームは「Right Price」ということへの拘りがありますので,泥沼化するかもしれず,その場合,フランチャイズタグを貼るかも知れません。ちなみに,WRのタグ値段は9Mちょっとのようです。

もう一人,このオフにFAとなるパリッシュは,若手が育ってきているので多分,再契約は無いと思います。あるとしても,1,2年の低価格でしょうか。

D.ジョーンズとD.ネルソンは,いずれもUDFA入団のため,ルーキーミニマム契約で共に2013年のオフにRFAとなります。Stevieを含め,この3人で長期間,Fitzを支えて欲しい感じですが,なかなかそれは難しいかもしれないですね。
次は,RFAなんで,まだ余裕はありますが,今後,順調に成績を伸ばすようだと,揉めるかも知れません。彼らのこともあるので,Stevieとの契約を上手くやる必要があると思います。

【TE】
S.チャンドラーは,今年,RFA契約をしているので,来年はUFAとなります。段々とレシーブでは印象が薄くなっていますが,ブロッキングで堅実なところを見せているので,おそらく2-3年の複数年契約を結ぶことを予想します。

【OT】
このオフ,先発二人ともUFAとなります。二人とも,今シーズンは非常に堅実なプレーをしていますので,両者とも再契約を結びたいところですが,おそらく難しいでしょう。C.ヘアストンが非常に素晴らしいプレーをしていましたし,とりあえず先発のどちらかをキープしてヘアストンと組ませるということになるでしょうか。
本来であれば,ベル>ピアースですが,ベルは怪我がちなところやキャンプの頃のPoorなプレーぶりも,少し気になります。数年前にいた,J.ジェニングスという選手とどうも被ります。ちなみに,ジェニングスは,数年我慢してLTで使われ,随分と安定してきたところでFAとなり,S.Fに移籍,しかし全く期待に応えれませんでした。

【OG】
LGのレヴィトリは,いつもBufには辛辣なCBSのP.Priscoをして,「今年No.1のOG」と評価せしめるほどの素晴らしいプレーをしています。ルーキー契約が2013年まで残っていますけど,今年プロボウラーとかになれば,早いうちの契約見直しが必要かも知れません。
また,NYG戦で,レヴィトリ以上の評価を得たRGのK.Urbikも成長度合いが素晴らしく,是非ともキープしたい。とりあえずRFAなんで来年はキープできそうですけど,これまでのプレーを残り試合も続けるようならば,価格上昇する前に複数年契約を結んでおいた方が良いかもしれません。

【DE】
キャンプ,プレシーズンと素晴らしいプレーをしていたSp.ジョンソンですが,シーズンに入ってはイマイチ。2013年まで契約を残していますが,3Mとそれなりのキャップヒットがあるので,ひょっとしたら今シーズン後にも動きがあるかも知れません。

【OLB】
S.メリマンは今年早々に2年契約を結んでいます。今季,期待されたほどのプレーは出来ていませんが,やはりチームリーダーとしての活躍は抜群。また,シーズンが深まるにつれ,徐々に影響力のあるプレーが出来ている感じなんで,これからの活躍次第では,2013年以降もキープしたい選手。
今結んでいる契約はインセンティブの比率が非常に多く,2012年には最大で10M近くのキャップヒットがあります。インセンティブの内容はわかりませんが,怪我の保険だと思うので,出場試合数とかプレースナップ数とかRosterボーナスなどではないかと思います。
今後の活躍次第では早期に新契約を結んでも良いかもしれません。そのほうが,キャップスペースへの影響も少なくなりそうです。

R.Torborは,おそらく契約更新はないでしょう。インサイドもアウトサイドも出来るので,首脳陣はかなり気に入っているようですけど。

【ILB】
A.デーヴィスは既に選手というよりも,選手育成のヘルプに力を入れているようですし,再契約はしないでしょう。本人も「自分よりもK.シェパードを使え」と首脳陣に進言しているみたいですし,今季限りで引退ということになるかもしれません。

期待したモリソンも,まだ出てきませんね。やっぱり3-4守備への順応に苦しんでいるのでしょうか。今年限りとなりそうな気がします。

【CB】
なかなか難しいのがCBです。
若手二人が先に契約切れで,ベテラン二人がまだ数年の契約を残しています。ただ,マクケルヴィンにしても,入団後,プレーが安定しないですし,今のままだと,おそらくサヨウナラということになるかも知れません。 また,コーナーも一度は切られた選手なんで,再契約は微妙かも。まあ,再入団後はさすがのプレー見せてますけどね。

また,McGeeとD-Flo(共に2014年にFA)も契約期間を全うする可能性は低いかも知れません。特に,McGeeはキャップヒットも大きく,いつ切られてもおかしくないです。
CBは,新人のA.ウィリアムズとJ.ロジャース以外に伸びが期待できる選手もおらず,今後,ドラフトでの補強を優先するポジションになりそうです。

【S】
鳥人との契約も,今年を入れてあと2年です。今年のプレーを見ていると,プロボウラー並の選手に成長したと思うので,早めに手を打っていく必要があるでしょうね。今後は,彼がスキームの中心になってもおかしくないと思います。

B.スコットとの契約をどうするかも難しいですね。Freddie同様,衰え知らずなんでキープしたいところですが,他とのバランスを考えると難しいかもしれません。なんとか,あと1,2年はいて欲しいですけど。

【K/P/LS】
キッカー二人とも,まだまだ衰え知らずなんで,契約延長を目指すでしょうね。Buffalo独特の風に慣れるのには時間がかかりますし,よほどの衰えがない限り,若い選手に切り替えるのは難しいでしょう。

LSのSanbornもキープしたい選手。彼がスナップミスをしたところは見たことがありません。ただ,Bufは優秀なLSを比較的簡単に放出する歴史があります。J.Dorenbos(Tenに移籍,現Phi)とかM,Schneck(Atlに移籍)とか。Sanbornの前のR.Neillが非常に不安定だったんで,手放して欲しくはないんですけどね。



今年8月末に報道された時点でのBufのキャップスペースは,25M弱。ただ,この中にカイル君の新契約が含まれているかは不明です。Fitzとの新契約は,かなりのスペースを食うことになるでしょう。

もともと,Bufは本来のリーグのキャップ計上ルールではなく,「Cash to Cap」という非公式なルールを重視しています。
これは,その年に実際に払うお金でキャップ計算するという方法(かなりざっくりした説明)。非公式なんで,あくまでチーム内でのルールとなります。

本来のルールではサインボーナスなどは契約年数で均等割され,これにその年に支払われるサラリーやインセンティブが加わってキャップ計算されます。
しかし,「Cash to Cap」では,その年に支払われるサインボーナスなども一括してその年に計算するので,契約途中に解雇してデッドマネーが発生しても,やりくりに苦しむことはないというメリットがあります。

かつて,J.バトラーGM時代にQB二人に大金をつぎ込み,キャップ管理に苦しみ,T.トーマス,A.リード,B.スミスという黄金期を支えた選手を解雇したという苦い経験があり,2度とこういうことにならないようにとされているようです(単に,ケチという話もありますが。)。
この方式は,ここ数年,多くのチームに取り入れられている方法です。とはいえ,これを絶対的に守るというのは無理ですので,目安ということになるでしょうか。

ここ数年,常に20-30Mというキャップ枠への余裕を持っていたBufですが,大型契約が必要とされるStevieやFreddieとの契約が今後も続けば厳しいことになりそうで,誰を残して誰を切るか,という厳しい選択を迫られそうです。とりあえず,McGeeやC.Kelsayと言ったキャップヒット額が高い選手がターゲットになるかも。

ちょっと気の早い話ですかね。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 00:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Stevieとの契約はなんとかまとめてほしいですね。
あと、Levitreとの契約も必須ですね。
Woodはもう少し契約期間が長いのでしょうか?

N.Y.G戦を観ましたが、敗れはしたけど内容は悪くなかったですね。
相手のDLが怪我人がいたとはいえ、ランプレーではしっかり押し込んでいましたし。

こういう試合をしているとBYE明けも非常に楽しみですね。

| べねと | 2011/10/23 16:31 | URL | ≫ EDIT

ウッドは2014年にFAになる予定ですね。A.メイビンに隠れがちですが一応1巡指名選手なんで他の選手に比べると,契約期間は長いです。
確かに彼も長期間キープしたいですね。
ただ,ちょっと先ですし,これから徐々にサラリーキャップの上限額も増えていくので,この頃にどのようになっているのかなあ。というよりも,彼も早い段階での見直しが必要になると思います。

BYE明けも厳しい相手が続きますね。ただ,そういう相手とどのような試合をするか,楽しみですね。

| びるずだいなすてぃ | 2011/10/23 20:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/761-1c487a80

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT