改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サックフェスティボ~♪♪

トロントいいとこ,一度はおいで。来年は,トロント行こうかな。\(^O^)/


Team1Q2Q3Q4QTotal
 th_Washington.gif00000
 th_Buffalo.gif767323

【得点経過】
第1Q Buf 20ヤードTDパス(R.フィッツパトリック → S.チャンドラー) 
第2Q Buf 37ヤードFG(R.リンデル)
     Buf 44ヤードFG(R.リンデル)
第3Q Buf 15ヤードTDパス(R.フィッツパトリック → S.チャンドラー)
第4Q Buf 41ヤードFG(R.リンデル)    

Bye明け初戦となる試合は,攻守共に完全にWasをDominateし,23-0と完勝,これでシーズン成績を5勝2敗としました。
地区首位にいたPatsが負けたことで,勝敗数で並びましたが直接対決で勝っているため,再び地区首位に立ちました。

今日は,あまり時間が無いので,また試合を見直してから詳しいことは書こうと思いますが,非常に見ていて楽な試合で,攻守共に素晴らしく,マイナス面が全くないような素晴らしい試合だったと思います。

特に素晴らしかったのが守備。確かに,WasのOLは酷かったし,QBのベックの持ちすぎにも助けられましたが,若手中心のDLが押しまくり,ブリッツ大作戦も当たり,非常に良いプレッシャーをかけていました。結果,先週までのサック数が4つとリーグでダントツに少なかったのですが,今日だけで9サックをあげる”サック祭り”を展開,メリマン,カイル君という守備リーダーが不在となりどうなるかと思いましたが,逆に一致団結して良くなるのでは?という期待を感じさせてくれました。

カイル君の替わりにNT起用されたM.ダレウスは中でも一番光っていました。。2.5サックをあげた他,多くのプレーでOLを圧倒していました。
色々なポジションでの起用が可能といわれたダレウスですが,3-4のスペシャリストと言われているHouのW.フィリップスDCが「NTとして素晴らしい素材」とドラフト時に高く評価していたらしく,NTこそが彼に最適のポジションかも知れません。
少なくとも,カイル君が戻るまではこれで行くでしょう。
カイル君自体が元々,「NTとしてはアンダーサイズで,本来は3テクのDE」と言われていますので,将来的にも今日の試合は良いきっかけになったかも知れません。

また,A.モーツや鳥人という若手,戻ってきたケルセイもサックを決めました。これから厳しい地区内対戦,連続ロードゲームが控えますし,なんと言ってもオフェンスにとっては冬場の厳しい時期を迎えます。オフェンスが苦しい相手とは言え,とりあえずの結果を出したことは大きいです。来週のNYJ戦に大きな弾みが付きました。

一方,オフェンスは,なんだか安定の域に少し到達したような感じです。もう少し点を取ろうと思えば取れたんじゃないかな。

大型契約を結び結果が注目されたFitzでしたが,QBレート100を超える安定ぶり。RZでのインターセプトと途中の不用意なファンブルを除けば,ほぼ完璧でしょう。
チャンドラーへの2つのTDパスは非常に美しくほれぼれするようなパスでした。また,途中激しいヒットを受けながらフィールドに立ち続けた姿は,やはり真のリーダーを感じます。チト大げさですか。。。w
Freddieは,もはや当たり前の100ヤード超え。ホントにこの人のランは,惚れ惚れしますね。

さて,この試合は色々な記録が出たようです。とりあえず,色々な記事から拾った記録や数字をあげてみようと思います。

①この試合であげた1試合9サックは,今シーズン,リーグ最多
②1試合9サックは,NFLになった後のフランチャイズレコード。ちなみに,フランチャイズの1試合最多サック記録は,AFL時代の1964年のDen戦で,11サック
③完封勝ちは2006年のMia戦以来。M.シャナハンが完封負けを喫したのはOffコーチ時代を含め,コーチキャリアで初
④2試合連続のFGブロックは,チームとしては1996年以来。
⑤F.ジャクソンのこれまでのスクリメージからの獲得ヤード(ラン+レシーブ)は,1074ヤード。7試合終了時点の数字としては,チームレコードで2位。1位は,1975年のO.J.シンプソンで,この年の数字は1,106ヤード。ちなみに,T.トーマスがリーグMVPを受賞した1991年よりも多いペース。
⑥S.チャンドラーのシーズンTD数は6つ。TEとしては,P.メッツェラーズとJ.リーマズマが持つチームレコードに並んだ。
⑦今年のIntはチームで14。これは昨シーズンで記録した数字と同じ。

Wasの手負いぶりは想像以上で,正直なところ,前半終了の時点で勝ちを確信しました。
完全な逆恨みではありますが,2年前のコーチ探しで,撃沈させられたシャナハンに対し,彼の(オフェンスコーディネーター時代も含めた)コーチキャリア初の完封負けをプレゼントするという,これ以上無い復讐劇に,週初めから非常に気分が良い思いが出来ました。もう,これで「シャナハンめ。。。」と思うことはないでしょう。

2年前のHC探しで,何人もの人間に断られまくり,「もう応援するのをやめようかな」とまで惨めになったのは,今や遠い昔話です。ありがとう,チャン。あなたがHCで良かったよ。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いやー気持ち良い朝でしたねw
90番代の選手達が目立つ最高の展開でした。
特に99はロールアウトしたQBを最後まで追いかけてのサックなど「ナイス」なプレーを見せてくれました!
ここからの地区内対決連続に大きな弾みを付けましたね!!

| ばふ | 2011/11/01 00:51 | URL |

ダレウスは,これまで,あまり目立たなかったけど,この試合は凄かったですね。
ニュートンとかミラーとかピーターソンとか,彼の前後で指名された新人選手がみんなハデハデな活躍をしているので,正直気になっていましたが,やっぱりモノが違いますね。彼がこれから何年もチームにいると考えると非常に頼もしいです。

いよいよ,ライバリーとの対決が本格的になりますね。まずは,NYJを蹴散らして,ロード3連戦に旅立って欲しいです。

| びるずだいなすてぃ | 2011/11/01 20:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/768-daf1ee95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。