改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名将逝く

かつて阪急,近鉄で監督をされていた西本幸雄さんがお亡くなりになりました。
91歳という大往生ではありますが,近鉄ファンの私にとっては,仰木さん,鈴木貴久さんが亡くなられて以来の衝撃でした。

このブログでも,これまでに何度か紹介させていただきましたが,私がBillsファンになった原点は近鉄バファローズにあります。
近鉄が1989年の日本シリーズで巨人に惜敗(3連勝の後の4連敗),その約1年後に行われた,いわゆる湾岸ボウルは,「バッファロー」と「ジャイアンツ」の対戦カード。当時,NFLにあまり関心の無かったのですが,何故か引きつけられ生観戦,そして,あの悲劇的な結末が,「10.19」「ブライアント4連発で優勝」「加藤哲朗発言」などというドラマチックな運命を背負う近鉄バファローズとダブり,それから私のBillsファン人生が始まりました。

そして,その近鉄ファン人生が始まったのは,西本さんが監督をされていた最後の方で,小学校低学年の頃。当時,西本さんの大ファンだった親父の影響です。周りの友達が巨人や阪神の野球帽を被る中,私は近鉄の3色帽。「近鉄友の会」に入り,一緒に近くの(京都)西京極球場で行われた近鉄の試合を見に行ったこともありました。
西本さんの引退試合後に行われた阪急と近鉄選手合同での惜別胴上げを中継で見ていた親父が泣いていたことを今でも思い出します。

近鉄ファンの私にとっては,西本さんは神以上の存在でした。私が最も熱心に応援するようになった頃には既に引退をされていたので,解説者としての記憶しか無いのですが,常に近鉄への愛情あるコメントには多くの勇気を与えていただきました。
特に,近鉄が「10.19」で優勝を逃した翌年の開幕前の成績予想で,多くの解説者が「しょせん西武には,かなわない。」「近鉄は昨年と同じような戦いは出来ない。」という冷ややかな目をする中,西本さんだけが「キャンプで見たが,選手やコーチの目の色が違う。彼らはきっと1年間,あの悔しさを絶対に忘れず,熱い心で戦い続けて優勝してくれると信じている。」と熱く語っている姿を今でも忘れられません。
また,「10.19」の時の西本さんの思い,死闘を尽くした近鉄へのねぎらい,同日に行われた阪急の身売りに対する怒りなどをその夜のプロ野球ニュースで語られているのを鮮明に覚えています。
(その時の動画がYoutubeにありました。→http://www.youtube.com/watch?v=s-fEpUzcEgQ

結局,近鉄は日本一という悲願を達成しないまま消滅しました。私のプロ野球は近鉄消滅と共に終演しました。極めて個人的な思いですが,近鉄で果たせなかった「日本一」という私の夢は,Billsの「スーパーボウル制覇」に形を変えています。今,チームはかつてないほどの苦境に立たされていますが,何故か,西本さん逝去のニュースを聞き,やはり我々は何時か来る栄光を信じるしかない,と感じている今日この頃です。

西本さん,ありがとうございました。心安らかにお眠りください。

それにしても,西本さんは,M.リーヴィー卿に姿がダブりますね。
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:04 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして、ATLファンのほとらといいます。

私も小さなときから近鉄の大ファンで、周りには誰一人理解されずとも、毎日日本海側からラジオ大阪のOBCバファローズナイターをハングルまじりのか細い電波で聞くのが一番の楽しみでした(小学生のときにブライアントからサインしてもらった下敷き、中学時代に水口からもらったバッファローズ帽は一生の宝物です)。
それまでそこまで熱狂的ではなかったNFL、そしてATLファン熱が増したのは近鉄の消滅によって行き場を失った情熱がそのままファルコンズに向かったという感じでした。

私は若輩者なので西本時代を直接は知りませんが、昔の記録や映像、本などをわくわくして見た記憶が今も残っています。
本当に古き良き近鉄を象徴する方だったと思います。

なんだか近鉄に対する思いは強すぎて、まとまりがない文になってしまい申し訳ありませんが、どうしても一言コメントしたくなってしまいました。

現在NFLのバファローズは苦境にあるようですが、2年連続最下位からでも防御率5点台でも優勝できるのがスポーツの世界。
いつかATLとBUFがスーパーボウルでまみえる日が来るのを楽しみにしております。

それでは長文失礼いたしました。

| ほとら | 2011/11/27 12:33 | URL | ≫ EDIT

海の向こうのBUFのほうは復調気配もあと一歩でしたね。

10.19からでも既に20年以上経っていますか。
「吹石の娘」もすっかりオバハンですな。

近鉄時代の西本さんと言えば、「江夏の21球」
あれはリアルで見ていて、ズッコケました。

| スカ社長 | 2011/11/28 17:08 | URL |

ブログとは関係ありませんが、jets vs bills 見ました。ビルズを応援していました。 なかなかいい試合でしたが、ジョンソンのあそこでドロップするかい・・・。と前半終了間際の意味のわからないオンサイドかと突っ込みたくなるようなキッカー・・・。ですがやっぱりビルズ強いなって印象は残りました。

| pouha | 2011/11/30 13:18 | URL |

コメントいただいた方,ありがとうございました。返信が遅れました申し訳ありません。

>ほとらさん
ラジオ大阪,懐かしいですね。片山光男さんw
今となっては,全試合,生中継を見れるのが当たり前ですが,当時はOBCとABCがホントに頼りでしたね。あとはKBS。けど,あの頃の方が純粋にスポーツ中継を楽しんでいたような気がします。NFLでも,大本営のGAME CENTERのFLASH映像を,現地のラジオ中継をBGMに見ていた頃が懐かしいですw 今じゃ考えられません。
ATLはプライムタイムの印象が未だに強いですけど,安定したチーム,近鉄ファンじゃあ,あの安定ぶりは物足りないのでは?w

>スカ社長さん
いやいや,一恵ちゃんは未だに私のアイドルです。確かに冷静で考えたら,あの場面でのスクイズは消極的すぎましたね。その前の佐々木”赤ふん”恭介の惜しいあたりがファールになったことで勝負あったと言えたのかも知れません。まあ,あれがあったこそ西本さんの”悲運”キャラが確立したんでしょうけどね。リーヴィー卿の”Wide Right”と一緒だw

>pouhaさん
お名前聞く限り,Jetsファンに思えるのですが???w
まあ,今の悲惨な状況で,あれだけやれたのは素直に評価してやれるでしょう。昨年までにはない地力が付いてきたのかもしれません。少しずつ,着実に力をつけていきますよ。来年が一つの試金石。

| びるずだいなすてぃ | 2011/12/01 19:51 | URL |

僕の出身地茨城ではプロ野球といえば読売の試合しか放映がなかったので近鉄贔屓になるのは中学生の頃だったかな。だから西本監督は既に解説者で僕の親父はYGファンだった以外、冒頭から最後迄びるずないなすてぃさんと全く同感です。加藤哲郎発言はマスゴミのでっちあげとも言われています。それも含めて近鉄、ひいては西本監督は負け続ける戦いに挑んでいたのでしょう。TVの特集で久々にバファローズの雄姿を見て嬉しかった反面、同時に切ない気持ちになりました。2004年に大阪ドームで購入した岩隈のユニフォームがクロゼットの奥にあります。彼には活躍してほしいけど日本を離れたら「近鉄の選手」が完全にいなくなる気がする。

| ねめ | 2011/12/09 02:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/780-b3714ae0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。