改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マリオ後の補強

マリオ獲得おめでとうのコメントを頂いた方々,ありがとうございました。

ここ数日,相変わらずのボヤキ節をTwitterやらでカマしていましたが,こんな結果になって,現金なものです。今日は一日中,顔が緩みっぱなしでした。

Bufファンを長くやっていますが,こんな日が来るとは夢にも思わなかった。これで,これまで何をやっても抜けれない悪い流れが全て変わる,そんなことを思わずにはいられませんでした。

選手を一人獲得しただけだろ?といわれそうですが,このマリオ獲得は,それ以上の多くの意味があります。

それほど,このチームの置かれる環境は特異なものなんです。「2012.3.15」は,Bufにとって,歴史的な一日になるのは間違いないでしょう。
nfl-popup.jpg  


マリオとの契約については,ちょっと情報が多すぎて整理し切れていないので,明日からの休みでじっくりと堪能するとして,今日は,今後の補強について。

【キャップ状況】
FA市場解禁前に報じられた,Bufのキャップスペースは23M。これに,例のDalとWasが以前にキャップオーバーしていた分の分配分として1.6Mほどのスペースが加わります。

マリオとの契約は,6年96M,うち50Mが補償され,さらにそのうちの25Mがサインボーナスだと言われています。ただ,これはあくまで総額の話。ベースサラリーが残りのうち,どの程度なのか,インセンティブがどれくらい含まれているのかが,全く不明です。
Stevieの契約を見ると,Bufはインセンティブの比率が多い傾向がありますが,これも今回の契約に当てはまらないでしょう。

とはいえ,おそらく年10-18M位のキャップヒットがあるのは間違いなく,少なく見積もっても,半分近くのスペースが今回の契約で消えたことになります。てことで,残りのスペースは,7-10M程度でしょうか。

マリオを獲得できたことで,何人かのベテラン選手を切って,スペースを空ける可能性も高いと思います。

【残るポジションニーズ】
GMのB.ニックスは,このオフの補強ポイントとして,WR,LT,DE,LB,CBを挙げていました。この中でDEは,最高の結果で完了。また,LTは,あくまで欲しいのは若い「将来のフランチャイズLT」で,LBもK.モリソンと再契約できたことでとりあえずの先発は確保できましたので,これら二つは補強するとしてもドラフトだと思います。
また,CBも,元々,先発というよりもデプス要員の補強が必要で,OakをカットされたS.Routtの獲得に乗り出しまりしましたが,T.McGeeが残留となったことで,まずひと枠を満たしました。まだデプスは必要ですが,こちらはドラフトでの補強にシフト下のかなと思います。

逆に,今後,FA市場での補強の可能性が高そうなのはWR。R.ミーチェムとの契約を試みるなど,特に第2レシーバー候補をFA市場で探しているのは間違いないでしょう。

【WR候補】
ところで,もう一人のマリオも追いかけているという噂が流れました。そのマリオとは,今年のスーパーボウルでヒーローとなったNYGのM.マニングハムです。多くの有力WRが次々と消えている中で,彼は数少ないネームバリューのある選手で,SF,Stlを訪問するなど他チームからの人気も高いです。

しかし,このマニングハムに対し,何らコンタクトを取っていないことをB.ニックスが明かしています。元々,サーカスキャッチなどを見せることも多いが,ルートランが不安定とか基本的な能力が高くないとの評価を受けている選手ですし,こういった技能,特に高いルートラン能力が求められているBufオフェンスには,合わないかも知れません。

他にも,まだまだそれなりの選手は残っていますが,ミーチェムを見ても分かる様に,WRはややオーバーレイト気味で,高い値がつく傾向が今年は顕著です。
ミーチェムが,SDを選んだ理由として,明らかにBufよりもSDの方が条件が良かったとを明かしていますが,エース待遇を与えているStevie以上の条件を他の選手に与える様なことはしないと思います。

【早くもFA終戦?】
ニックスは,マリオとの契約後,「(FA解禁前)金曜には仕事が終わってるかも知れないと言っただろ。マリオとの契約を見たかい?もう,我々の仕事は終わったかも知れないね。」と,暗にFA補強の終戦を思わせる様な発言をしています。

おそらく,その裏には,現在市場に出ている自チームのFA選手との契約,そして来季FAとなる選手との再契約を既に考え始めているのかも知れません。

ニックスは,FAとなったD.ベルとB.スコットに対し契約を提示したが,まだ返事は来ていないという様なことをいっています。ベルについては,Ariを訪問したようですが,Ariは別のOLマンと契約しましたし,スコットも今のところ動きはありません。
また,WRのD.ハガンにも高い評価を与えている様で,この3人との再契約が出来れば,残りのキャップ枠の殆どを使ってしまうことになります。

それに加え,来シーズンで契約の切れる,Freddie,A.レヴィトリ,鳥人とは早くに再契約を結びたい意向を持っているようですし,3人とも今のサラリーは安いので,キャップ枠を確保しておきたいでしょう。

こんな状態なので,FA戦線はこれにて終了というのは,十分あり得る話です。ニックスは,常々,「ドラフトで獲った選手を育て,彼らと再契約するのが理想。」と言っていますので,再契約を優先するのは彼の哲学からして当然だと思います。

【ドラフト】
で,話はドラフトに移ります。今年のBufは,多くのMockでDEかOLBの補強が予想されているとおり,早い段階での,これらのポジションの選手を指名することが予想されています。
しかし,今回,誰も予想しなかった最高の結果を出したことで,この状況は大きく変わるでしょうね。

特に,早い順位での指名に絞ると,個人的に考えられるのは,1巡ではWR,OT,LB,CB。2巡では,それに加えDEでしょうか。
どうせなら,Q.Coplesなど,マリオと反対サイドのDEを1巡で獲って,更に凄いDLを作るということも考えられなくは無いですが,元々,DEを1巡で獲る気は無さそうな発言をニックスはしていますので,マリオ獲得とは関係なしに,2巡での使命を考えていると思います。

1巡候補で上がるのは,WRはM.フロイド,OTは,J.マーティンかR.Reiff,LBはL.Kuechly,CBはD.カークパトリック,あたりでしょうか。この中では,KuechlyはOLB,ReiffはLT,がそれぞれ出来ることが条件になると思います。

まあ,あんまりマリオ獲得後も激しい変化は無さそうですが,DEを指名することが必須という状況から抜けれたことは間違いなく,BPA次第では他のポジションで1-3巡を満たしても良いという選択肢も出てきたことは,BPA思考が非常に高いニックスにとっては,望むところとなりそうです。

現時点での,予想をするとなると,1巡でJ.マーティンかM.フロイド,2巡でV.カリー,W.マーシラス,S.ヒル,って感じでしょうか。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/819-a9d20df7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。