改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マリオ契約の詳細 その2

マリオの契約についての解説が,次のサイトに載っていました。
http://www.buffalorumblings.com/2012/3/17/2880629/mario-williams-contract-breakdown-buffalo-bills#storyjump
http://profootballtalk.nbcsports.com/2012/03/17/breaking-down-the-mario-williams-deal/

これによると,当初の2シーズンは怪我などがあっても,ほぼ全額(プロボウル出場時のボーナスは除く)が補償されているとのこと。もちろん,2年目のシーズン(2013)に入る前に,チームがマリオを切れば別ですが,そんなことは万に一つも起こらないでしょう。

そして,今回の契約のミソは3年目の契約内容にあると指摘されています。
3年目,Rosterボーナスが10.6Mと非常に高く設定されていますが,一方でベースサラリーは1.9Mに抑えられていて,他の年に比べると,明らかに異質な内容です。
これは,仮に,それまでの2シーズンの成績が振るわず,チームがマリオを解雇した場合,この年のキャップヒットは1.9Mに抑えることが出来る(但し,サインボーナス分は除く)ためとのこと。
ここから考えられるのは,今回の契約は実質2年,100Mといっても,実際にはチームにはそれほどの負担感は無いように作られているようです。
一方のマリオも,成績を残すことに自信があるでしょうし,ベースサラリーが低くても,Roster Bonusを含めて考えれば特に問題は無いでしょう。
仮に,この時点でチームのキャップ状況が苦しい場合は,契約内容のリストラクチャー(マリオがもらう額は変わらない形で)交渉は行われるかもしれません。

ちなみに,チームの高額サラリーである,Fitz,Stevie,カイルの契約状況を見ると,2015年当たりからのサラリーが高くなっていますから,この年を迎えるまでにキャップ状況の再構築を考えないといけないかも知れません。

ところで,マリオ後のサラリーキャップですが,やはり昨日書いた22Mというのは,マリオとの契約は反映されていない様で,現在の空きは13M程度のようです。今後の自チーム選手との契約に備えるでしょうから,おそらくこれ以上のFA獲得は無さそうです。

やっぱり,チームの基本はドラフトで獲った選手を育てることというのは何ら変わらず,今回のマリオは,ドラフトでは埋めれない穴を埋めるという,チームのFA戦略の究極的な形だったと思います。
いやあ,ホントに成功して良かったですね。もし,獲れなかったら,また数年は再構築を強いられるところでした。あとは,マリオが活躍してくれることを祈るだけ。怪我さえ無ければ当然大丈夫でしょう。
bills-super-mario-bros.jpg
Buf版マリオブラザーズは実現ならず。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 21:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ソフィアさんところから来ました
遅ればせながらスーパーマリオ獲得おめでとーございます
ウチのオーナーの自爆テロ補強と違って
BUFさんはここぞという所での決め打ちですから
きっと上手くいくと思いますよ

| サックマン | 2012/03/19 21:54 | URL |

サックマンさん,コメントありがとうございます。
しかし,何ともコメントしづらい。。。w

ヘインズワースの時はどうだか分からないんですけど,マリオは,ポジションニーズ,マリオのキャラクター,サラリーキャップ状況,チームの状況など,全ての要素が完璧にマッチして実現したものだと思います。そういう意味では運命的なものに感じますね。ここ2年,怪我に見舞われていることは確かに気になるんですけども,今回ばかりはポジティブに考えようと思います。

| びるずだいなすてぃ | 2012/03/20 09:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/821-1b8b6db3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT