改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドラフト2日目の結果

FAでのいい流れがドラフトでも来ているような展開。明らかにこれまでとは違う風がチームに吹いてると実感。


◎2巡41位 C.Glenn(OT,Georgia)
いやあ,まさかグレンが本当に獲れるとは思っていませんでした。ドラフト前は,1巡10位指名の候補者にもなっていた選手を,最も高いニーズポジションで獲ることが出来ました。

グレンの魅力は,まずは196センチ,157キロという体の大きさ,そして,LTを評価する上で重要と言われているリーチの長さも36インチとトップクラスを誇り身体的ツールはこれ以上無く理想的です。
しかし,それ以上に魅力なのは素晴らしい身体能力。特にフットワーク,クイックネスが素晴らしく,パスプロではミラーブロック(ブロック相手の選手の動きに鏡のように対応できること)が出来,細かい動きについていける。また,ブロック姿勢の重心を低く保て,上体の強さもあるので,重量級DT相手のブルラッシュにも対応が可能(Detの昨年の1巡N.フェアリーを完封したこともあるとか。)。また,一歩目が早いのでエッジラッシャーの動きにも対応が出来る。
たま,ランブロックはパスプロ以上に魅力。JuniorまでOGを任されていただけにモビリティがあり,プルアウト,ブロックの際のフットワークも秀逸。

プレーについて弱点らしい弱点は見つかりませんが,課題は精神面にある模様。問題児ではないのですが,ハードワーカーでも無さそうなので,プロ意識という点とウエイトコントロールは大きな課題となりそう。
また,精神面での未熟さを指摘する超え主あります。実は,彼は1巡候補ということで,昨日,ドラフト会場に呼ばれていましたが,1巡指名をされなかったことで自宅に帰ってしまいました。同じように指名漏れした選手は,今日も残っていましたので,何らの事情もなく帰ったということであれば,少し心配です。

グレンは,強豪Georgia大で4年間先発を務め,SeniorまではOGでプレーしていましたが,SeniorはLTでプレーしています。
多くのチームではOGもしくはRTの候補として見られていたようですが,ニックスははっきりと「LTとして使う。少なくともOGとしては考えていない。」と言っており,スカウトは元S.DのM.マクニールに似たタイプと評価しています。
本人もLTでプレーする自信はあるようですし,開幕から先発起用される可能性は十分あるでしょう。
仮に,C.ヘアストンがLTとして伸びるようであれば,グレンをRTに起用するということも面白そうです。

一番の課題であったポジションをこれ以上無い形で埋めることが出来ました。A.レヴィトリ,E.ウッド,K.Urbik。C.ラインハートという才能ある若いOLユニットに素晴らしいタレントが加わったことで,これから数年,素晴らしいユニットとして働いてくれると思います。

◎3巡69位 T.J.Graham(WR,North Carolina st.)
3巡は,Wasとトレードして2つ指名権をアップしてWRのT.J.グラハムを指名しました。トレードでWasに差し出した指名権は7巡217位です。

この指名は,完全なスーパーリーチ。NFL NETWORKのM.Mayockは「7巡相当の選手」としており,比較的評価の高いSIでも「5巡相当」。毎年,ひとつはある「誰じゃそれ?」のニックス隠し球を今年は早い段階で出してきました。

グラハムは,40ヤードを4.3秒台前半で走り抜けるスピードスター。大学では陸上の大会でも優勝したりしてますので,速さは本物でしょう。身長は5-11~6フィートとWRとしては平均よりやや低め,評価としてはスロットレシーバーとして,移籍したR.パリッシュのような牛若丸的なプレーを期待しての指名では?と言われていましたが,チャン曰く「アウトサイドのレシーバーでも起用できる。」とのことで,様々な場面でのプレーを期待している模様。また,素材型では?という指摘に対しても,「完成された選手ではないが,直ぐに起用したい選手」と即戦力として評価しているようです。

ウリは,スピード,クイックネス,逆にウィークポイントは,ルートランと時たま見られるドロップ。また,リターナーとしても活躍できるようです。

映像を見る限り,アウトサイドでのプレーはCBを抜くのに苦労している感じで,スロットからのオープンスペースでのプレーを期待する方が良いかも。確かに,すばしっこい感じは受けますね。

スーパーリーチということで,「この順位で獲る必要があったのか?」「トレードの必要はあったのか?」という指摘はあるようですが,ニックスは「トレードしたのは,先に獲られてしまう不安があったから」と言ってますので,それほど欲しい選手だったということでしょう。

これを見る限り,チームはNo.2レシーバーを探しているという感じではなかったようですね。チャンオフェンスのミソはスロットレシーバーにありということは間違いなく,パリッシュの替わりというのを本気で探していたのでしょう。

現時点では,評価は低く疑問の残る指名ではありますけど,ニックスが評価しての指名ですから期待したいと思います。

【3日目の展望】
トレードで一つ指名権を失いましたが,それでもまだ6つの指名権があります。1~3巡でニーズを堅実に埋めましたので,残るニーズはLBくらいですが,これも必須では無さそう。
個人的には,QBを獲るのかが気になります。プレ訪問したミシガン州立のK.Cousinsがまだ残っていますし,個人的に気になっているS.D州立のR.Lindleyなんかの指名を期待したいところです。

ニックスの指名は,3日目が一番面白いと思っていますので,まだまだ注目。3日目は本日25時からです。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 14:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/838-fa12c0c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。