改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【Count Down to Summer Camp 2012】守備陣の現状 その2

今年もGAMEPASSの案内が来ました。今年ももちろん購入しますけど。昨年までと違うのは,スマホでのアプリを導入したこと(昨年もあった?)。

これがなかなか素晴らしいです。Tablet版もあって,こっちは全然繋がらないのですが,Mobile版は今のところ問題ありません。

まあ,シーズン入ってどうなるかですが,もし,問題無く見られるようですと外出先や旅行先なんかでもライブ中継を楽しめそうです。


さて,守備陣の現状を語る後編です。OTAやミニキャンプで拾い読みしたものを思い出すまま書いているので,細かい表現や日本語の変なところはご勘弁を。

【OLB】
N.Barnett,K.Morrison,A.Morts,N.Bradham,B.Scott,D.Batten,C.White

まずは,このユニットの核であるBarnett。今季からアウトサイドに移ることに。記憶は定かでは無いけど,G.B時代は,4-3ではMLBだったような気がするので,4-3でのOLBは初挑戦ということになるのでしょうか。
とはいえ,今季守備はいわゆる4-2守備過多になりそうで,OLBというよりはMLBとの中間的なポジション,パスカバー重視の役割を任されそうです。
ちなみに,サイドは右側。ブリッツ力もあるBarnettが昨シーズンと同じようなプレーをしてくれれば,REを守るM.AndersonやS.Merrimanの負担も少なくなるはず。

逆サイドの先発は今のところ,K.Morrisonがデプスチャートでトップになってます。ただ,おそらくOLB二人よりもニッケルコーナーを使う比率がぐーんと高くなるでしょうから先発という意味とはチョイと違うか。Morrisonはどちらかといえば,MLBの控えとして期待したいです。

むしろ,期待するのは,MortsとBradham。ただ,この両者は現時点では純粋なOLBという役割という感じでは無さそう。
Mortsは,練習でいわばニッケルMLBとしてのポジションに入っていたようですが,真ん中からのパスラッシュを期待されている模様。しかし,この人,いつまで経っても使い方が一定しないですね。典型的なTweenerで,パスラッシュでのDEに専念させりゃあ面白いと思うんですけどね。出足の速さとブロックを抜くスピードだけならチームでもトップクラスでしょうし。
一方のBradhamは,ミニキャンプの途中に先発3人(Sheppard,Morrison,Barnett)に続く第4のLBに有力とかいう指摘がされていたけど,今のところはむしろSTでの起用が期待されているようです。まずは,こちらで良いプレーを見せて欲しいです。

【CB】
S.Gilmore,A.Williams,T.McGee,L.McKelvin,J.Rogers,R.Brooks,C.Hill,I.Green,P.Miller

ドラ1のGilmoreの評判がとにかく良い。いよいよキャンプが近づいてきて,オフシーズンの総括に入っているメディアが多いですが,Bufに関し「マリオ,Anderson,Gilmoreを獲って守備はかなり向上している。」などと,このオフの目玉のマリオと並んで早くもGilmore獲得が大成功みたいな評価がされています。
まあ,この時期の評価は確かに当てにならないですがチラホラと心配されている新人がいますし,間引きしたとしても期待して良いはずです。
既に,No.1コーナーとして(まあ,これはこれで情けない話ですが。。。)開幕先発,しかも重要な左サイドのCBを任されそうです。

Gilmoreと先発コンビを組むのは2年目のWilliamsとなりそう。新人のキャンプ時代から評判が良いもののシーズン途中まで怪我に苦しみ,終盤にようやく先発を奪取しましたが,今季は順調に力を付けている様子。
ドラフト時にS転向が噂される要因となったマンカバーの課題が未だ心配ですが,ボールスキルは高そうですし,サイズがあってフィジカルなプレーも出来る選手なので,同タイプのGilmoreとのコンビは強力になりそうです。

ほぼ先発と言えそうな,ニッケルコーナー争いも熱い。昨シーズン終盤に一気に力を付けた2年目のRogersが非常に力を付けている様子で評判がすこぶる良い。また,いよいよ契約最終年を迎えるMcKelvinも「ニッケルこそMcKelvinのナチュラルポジション」などと評価を受けてますし,新人のBrooksもLSUでもまれた流石のプレーを見せている様子。
この3人が激しく高レベルなデプス争いをしてくれれば昨シーズン弱点だったDB陣の底上げは間違いないでしょう。
他には,ベテランのMcGeeがいますが,またもや怪我で練習をほぼ全休していますし,正直厳しいでしょう。

【S】
(FS)鳥人,N.Saens,J.Nesbitt,D.Howell
(SS)G.Wilson,D.Searcy,N.Sukay

鳥人とWilsonの先発コンビはもはや心配なし。両方ともプロボウラーを狙えるレベルの選手と評価されていますし,一部メディアではリーグ4位のSコンビという評価をされています。
http://www.buffalorumblings.com/2012/7/6/3140904/buffalo-bills-safeties-jairus-byrd

さて,問題はデプス。先発二人の一方でも欠けると非常に痛い。一応,LB登録されているB.Scottがいますんで,万が一の場合は彼やS適正がありそうなDBで回すんでしょうけど,先発二人からのレベルダウンは問題になりそうです。出来れば,頼りになりそうな選手が欲しいところですが,まずは2年目のSearcyに期待でしょうか。

【ST】
(LS)G.Sanborn
(K)L.Rindell,J.Potter
(P)B.Moorman,S.Powell

LSのSanbornは契約延長したところですし,他には代わりはいないのでまず安泰。KのRindellもまだまだ働けそうですしコチラも安泰。ドラフト指名までして獲ったPotterはKOスペシャリストとして残れるかどうかですが,個人的には無いと思います。
問題はP。長年,STユニットの精神的支柱として君臨するMoormanもここ数年はアベレージ以下ののPunterに成り下がっているのは間違いないし,ドラ外で獲ったPowellの実績が十分なので,Powellのキャンプ次第では今年交替というのは大いにありそうです。攻守共に若い選手が多いチームですが,Punterはそろそろ交替しても良い時期かも知れません。

ここには出てないですけど,リターナーはどうなるのか分かりません。昨年までで言えば,KRはJ.Rogers,PRはSpillerってことなんでしょうけど,ドラ3のGrahamもリターナーが出来そうです。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/855-b6f1f9c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。