改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最終Roster雑感~Offense編~

プレシーズン4戦目は,毎年恒例のエリー湖ボウル。結果は,32-38で負け,結局プレシーズンは全敗となりました。

まあ,全敗というのはそれほど気になりませんが,それ以上に心配は多いですね。特に,1試合平均失点がリーグ最多というのはきになるところ。
殆どの失点が2ndチーム以降のものですが,相手も同じで,ここで大量失点するというのはチーム全体の力不足と言うことを証明していると思います。先発メンバーはそれなりに力のある選手が集まってきていますが,Bufの場合,怪我人の多さというお約束がありますんで,控えの底上げということが出来なければ,1シーズン通して戦うというのは難しいでしょう。


さて,いよいよ開幕Roster53人が決まりました。メンバーの顔ぶれについて,まずはオフェンスから。

◎QB
R.Fitzpatrick,T.Thigpen,T.Jackson(3人)

やっぱりこうなちゃったかというのが感想。Tarvarisトレード&VY解雇の時点から,ほぼ,この路線は決まっていたように思われ。チーム合流間もないTarvarisを第2QBとするような暴挙は出来ず,結果,Thigpenをカットできなかったという感じでしょうか。キャンプでの評価からすれば,Thigpen残留は考えにくい選択肢でした。
WRとして残ったブラスミを含めて3人体制というのが基本路線だったのが,バックアップQBの人事で全てが狂ってしまい,貴重な一枠を食ってしまった,この人事は個人的には大失態だったと思います。

展望としては,Tarvarisがプレーを覚え,使えそうになるまではThigpenが第2QBで,TaravarisのActive登録は無いと思います。で,ある程度たったら,ThigpenとTaravarisの選択で,どちらかを切るという感じでしょうか。であれば,TaravarisのActive登録数を交換条件にした理由も納得できます。

否定的な意見はあれど,Fitzが全てという路線は変わらず,彼がダメならThigpenという選択肢は無いでしょう。今年はこれで乗り切るとして,来年こそは上位指名で将来のフランチャイズQBを指名してバックアップで育てるという形にして欲しいところです。

◎RB
F.Jackson,C.J.Spiller,T.Choice(3人)

Freddie&Spillerは当然。問題は第3のRBだったわけですが,プレシーズンでそこそこの活躍をしたChoiceが残りました。カットされたJ.Whiteは,Freddieの後釜として期待しましたけど,残念な結果に。確かに,それほど光るプレーは無かったんですけど。

Spillerにとって,今季は重要なシーズンになりそうです。昨シーズン,ブレークの予感を漂わせましたが,あくまでFreddie離脱後の話で,それまでは影が薄かったです。
今年は更に併用を進め,ある程度のチャンスは得るようですが,プレシーズンを見ても使い勝手の良さはFreddieに及ばない感じ。Freddieに衰える気配が無く,併用も上手く行かないようであれば,立場が危ういことになると思います。

◎FB
C.McIntyre,D.Dickerson(2人)

役割が違うので,このふたりの比較ということはなかったでしょう。
ゴール前でのブロッキングに定評があり,STでも貢献度が高いMcIntyreを切る選択肢は無かったはず。問題は,Dickersonを残すかどうかで,ポイントとしては,彼の能力の他,チームに彼を活かせるOffenseが展開できるのかという事だったと思います。
プレシーズンのDickersonは,組むQBがVYやThigpenだったこともあって,少し気の毒だったのですが,セカンドチームのメインターゲットにされていた印象で,プレシーズンで彼を試すことがチームのプライオリティの一つだったように思います。
あまり印象に残るプレーはありませんでしたが,特に4戦目では堅実なプレーをしていました。結果,それが認められて,見事Roster入りしました。
ただ,彼にどれだけのチャンスが与えられるかは分かりません。1stチームでのプレーは殆どありませんでしたし,FreddieはDickersonと同じような役割をこなすことも出来ると思うからです。
気がつけば,大してプレー機会を与えられずカットなんてことにならないように,与えられたチャンスをものにしなければならない立場であることは変わらないでしょう。

◎WR
S.Johnson,D.Jones,D.Nelson,T.J.Graham,B.Smith(5人)

一番話題になったのはこれ。スプレッドオフェンスで4~5人のレシーバーをセットするチームなので,一時は7人程度Roster入りさせるかもと言われていましたが,フタを開けてみれば5人という少なさ。おそらく,この理由としては,Freddie,Spiller,S.Chandler,DickersonがいずれもWRセット出来るためでしょう。また,プレシーズンでの様子を見ると,どうやら今年はランオフェンスに重きを置き,昨年のようなスプレッドオフェンスの比重は減りそうな感じですので,これも理由の一つでしょうか。

まあ,それはそれでいいかなと思います。お気に入りだったD.Hagganがカットになったのは少しショックでしたが,プレでは落球とかルートミスとかも目立っていたので仕方が無いでしょう。ただ,怪我人が出たときの不安は大きいです。特に,昨年もJones離脱後に困りまくった第2レシーバーやNelsonひとりとなったスロットは,彼らが離脱した場合の不安は昨シーズンと全く変わっていません。M.Easley以外はPS資格もなく,緊急時に彼らがまだ残っていれば呼び戻すんでしょうけど,そんなに上手く行くかな?ひょっとしたら,他チームのカット組で誰かを拾うかも知れないですね。

◎TE
S.Chandller,L.Smith(2人)

鉄板のふたり。今年のオフェンスのミソはChandlerでしょう。未だRZでのターゲット的な見方をされていますが,ダウンフィールドを駆け回れるだけのランニング能力はありますし,800Yくらい稼げるようになれば大きいんですけどね。

また,ブロック力が高いSmithも出番が増えそう。「最も本番に近いプレープラン」と言われた第3戦目(Pitts戦)では,1stチームが2TE体型を多く採用していました。OT,特にRTのブロッキングが心許ないようだと,彼の出番が多くなりそうです。

◎OL
A.Levitre,K.Urbik,C.Rinehart(OG,3人)
E.Wood,C.Brown(OC,2人)
C.Glenn,E.Pears,C.Hairston,S.Young(OT,4人)

ほぼ順当なメンツ。期待のZ.SandersはIR入りしました。って,怪我情報は全くないんですけど?
Pearsのコンディションが一番気になるところ。そのこともあって,Youngが登録されています。
真ん中3人は自信を持って良いトリオ。問題はOTふたり。LTのGlennはある程度我慢する必要はあるでしょう。ただ,フットワークは良いし上体の強さもありそうなので,将来的には楽しみです。
Pearsが万全の体調で出れれば,RTは問題ありませんが,サブであるHairstonは,かなり不安。特に,スピードのあるパスラッシャーへの対応は問題ありで,オフェンス崩壊になりかねません。まあ,2年目なんで,こちらも我慢が必要なんでしょうけど。

【カット組でPS資格のある選手】
Z.Brown(RB),J.White(RB),M.Easley(WR),K.Aiken(WR),F.Onobun(TE),K.Block(TE),M.Asper(OL),K.Williams(OL),D.Snow(OL),J.Carmon(OL)
スポンサーサイト

| buffalo bills | 14:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/874-0951abec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。