改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最終Roster雑感~Defense編~

プロポーズ成功の余韻も覚めやらない間に,既に結婚準備の煩わしさにチョイとめんどくさい。やっぱり,結婚ってのは若くて勢いのある時にやるもんだ。


◎DE
M.Williams,C.Kelsay,M.Anderson,K.Moore(4人)

順当な4人。注目は,4人目の男のMoore。昨シーズン途中に入団し,その後の成長がかなり評価されており,近い将来,Marioの反対サイドに定着することを期待されているほど。プレシーズンゲームでも,1stチームのローテに入ることもあり単なるデプス要員という評価では無いと思います。
REでは,Kelsayが先発でしょうか。Andersonは怪我でプレシーズン後半は出ていませんし,今のところインパクトのあるプレーを見せていませんので,まだ信用していません。新人年と昨年以外は全然ダメだったようですから。

◎DT
K.Williams,M.Dareus,S.Johnson,A.Carrington(4人)

Kyle,Dareus,Johnsonの3人は順当。しかし,4人目にCarringtonが入るとは思いませんでした。キャンプ通して,「今年はやばい」と報じられ続け,プレシーズンでも,3rdチームでの起用だったので。とはいえ,高給取りのD.Edwardsを残すよりかは,まだ良いかなと思います。期待感での残留という印象が強いですし,今年がおそらくラストチャンスでしょう。
プールジャンプ男ことJ.Gilbert は結局残れず。今年は随分と良いところまで行っていたんですけどね。

DE以上に,先発ふたりが無事であってくれよと願うばかり。特にKyleは今年も怪我するようだと,これまでの鉄人状態から一転”Injury Prone”のレッテルが貼られそうですし,何より彼のインパクトがプレシーズンで思い知らされましたんで。Kyle&Dareusには共にプロボウラーになって欲しいと思ってます。

◎OLB
N.Barnett,A.Moarts,N.Bradham,B.Scott,C.White(5人)

これは意外な人事。C.Whiteって,完全に存在を忘れておりました。。。
替わりにカットされたのは人気者のT.Carder。ドラフト前の早い段階でチーム訪問しての鉄板指名で,キャンプでも高評価を受けていました。しかし,プレシーズンでは結果が残せず,同期のBradhamなんかが積極的に起用されていたのに対して後れを取っていたのは明らかでした。とはいえ,期待の高さから流石にカットされるということは予想していませんでした。
それ以外の4人は順当でしょう。Moatsにポジションを奪われたK.MorrisonはMLBに再コンバートされました。

◎MLB
K.Sheppard,K.Morrison(2名)

MorrisonとS.McKillopのバックアップ争いはMorrisonに軍配。一時,McKillopの評価があがっていましたが,結果的にはMLBでも実績の多いMorrisonをチームは選びました。
Sheppardが怪我がちで,先発での働きも求められるだけに,頼れるベテランを選んだというのは正解でしょう。McKillopは確かに魅力的な選手ではありますけど,チームはランストップの柱となるMLBをSheppardに任せることを決めてますので,同年代の選手を置く必要は無いと思います。

◎CB
S.Gilmore,A.Williams,L.McKelvin,T.McGee,R.Brooks,J.Rogers(6人)

キャンプを通じて練習がまともに出来ていなかったMcGeeをどうするかが最大の注目でしたが,今年もしぶとく生き残りました。Pitts戦でA.Brownにぶち抜かれるなどカバー能力の衰えも感じられてましたので,残す要素がそんなにあるのか?と思っていましたが,一説にはR.Brooksが足の骨折で10-12週間アウトになりそうという噂も流れており,それが影響しているのかなとも思います。彼の全盛期を知っている小生は,もう一度,彼の復活を見てみたいと思っていますが,そのために無駄な一枠を使うのもなあとも思います。
にしても,Brooksが怪我で離脱となれば痛いですね。 その分,Rogersに頑張って欲しいです。他チームカット組から拾うとすればここかな。

◎S
G.Wilson,D.Searcy(SS)
J.Byrd,D.Howell(FS)

鉄板の3人に加え,UDFA新人のHowellが開幕Rosterを手にしました。全選手通じて,一番のサプライズでしょう。ただ,以前にも書いたように,しっかりと結果を出しての堂々とした残留ですから,自信を持ってプレーして欲しいです。
まあ,先発2人がしっかりしているし,他にはB.ScottもS起用できるので,まずはSTでのプレーでしょうか。同じStanfordの大先輩SafetyであるJohn Lynchのような選手になってくれれば言うこと無いですね。

◎ST
B.Moorman(P)
R.Lindell,J.Potter(K)
G.Sanborn(LS)

ひょっとしたら交替?と思われたPは,大王Moormanが,全盛期を思わせるような神がかり的なプレー連発であっさり決着。このようなクラッチなところがMoormanの魅力なんですけど,今年は試合で見せて欲しいですね。
で,注目はやはりKの2人体制。プレシーズンでは,Lindellが最後までKOを蹴らなかったし,PotterはKOを100%,RZに蹴り込んでいたので,ほぼ予想どおりといえばそうですが,そんなに余裕をかまして大丈夫なのか?という気もします。
LSのSanbornは,超鉄板。

【カット組でPS資格のある選手】
R.Eddins(DE),J.Gilbert(DT),T.Carder(LB),I.Green(CB),N.Saenz(S)


スポンサーサイト

| buffalo bills | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/875-14ba7b48

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT