改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Week2 K.C戦

最近,週末に色々とありまして,なかなかプレビュー記事が書けず,まさかの2週連続すっ飛ばし。
今年はこんな感じになると思いますが,今後ともよろしくお願いします。


今シーズンのホーム開幕戦であるK.C戦。序盤から攻守共にK.Cを圧倒し,見事,35-17で今シーズン初勝利をあげました。

前半終了間際のゴール前でのファンブルリカバーというプレーはありましたが,キーポイントと言えるような場面もなく,Bills側からすれば圧倒しての勝利と言えると思います。
先週がああいう悲惨な負け方だっただけに,結果だけでなく内容も問われただけに,昨シーズン序盤に見せたような展開で勝利し,言うこと無い試合でした。

1 Fitz
今や,「Intさえしなけりゃ良い。」なんて評価されているFitzですが,この試合は先週の反省からか,無理にパスを投げずに,ダメならばさっさとスクランブルで逃げるなど非常に慎重なプレーぶりが目立ちました。
ファーストターゲットへの早いタイミングでのパスを投げさせることで,Fitzへ負担を賭けないという配慮があったのでしょうか。細かいパスコントロールという点では未だ不満な点が多いですが,とりあえず要所のプレーを決め,オフェンスを上手くリードした印象。
大量得点差を追いかけるような展開で無ければ,色々な選択肢を与えることが出来ますし,この試合のようにワイルドキャットや工夫されたスクリーンプレーなんかも有効に機能するでしょう。

2 C.J.Spiller
遂に来ましたね,この男の時代が。2週連続で100Y超のランに27Yレシーブを含む47Yレシーブを記録。現在,292Yでリーディングラッシャー。1キャリー平均10.1Yを記録しています。
昨年の先発起用の辺りから,既に弾けていますが,更にレベルアップした模様。以前は,ブロックの様子お構いなしに,自分のスピードで抜けようとする独りよがりなプレーが目立ちましたが,今はブロッカーを上手く利用することができるようになりました。元々,ボディバランスにも優れたものがあり,ホールさえ抜ければビッグゲイン出来る能力が非常に高かっただけに,そのホールの空き状況を今はよく見れている感じです。

先週の試合でも書きましたが,今のような,短いプレーを積み上げていくような,もっさりとしたオフェンスでは彼のような飛び道具タイプのRBの方が相性が良いのかも知れません。彼がいることで,守備も縦横ワイドに守る必要があり,その分,スペースが空いているという印象です。

3 オフェンスMVPはOLユニット
Spillerの活躍もあって,現在,BufはランオフェンスはリーグNo.1の数字を記録していますが,それを支えるのは今年もOL。
特にこの試合では,両OTがよく頑張りました。
新人のC.Glennは,LTとは思えぬ機動っぷり。流石に「OGなら将来のオールプロ確実」と言われただけある。課題のパスプロも,T.Hali相手に十分の合格点。まだ,ラッシュを逃すこともありますが,取りあえずのところ,及第点です。

この試合,話題になっていたのがSpillerの38Yラッシュの際のC.Hairstonのキーブロック。LBのD.Johnsonに見事なアオテンを食らわせていました。今は,E.Pearsと併用でRTで使われてますが,着実に力をつけていそうです。

4 ディフェンスMVPもDLユニット
ただ,この試合はやはり守備でしょう。守備が序盤,K.Cオフェンスを封じ込めたことで,オフェンスが波に乗りました。今のオフェンスには,昨シーズンのOak戦やPats戦のように,リードを追いついて追い抜かすだけの爆発力は期待出来ないだけに,勝利のためには今日のように,守備が序盤に踏ん張ることが必要になると思います。

特に,この試合では,守備の今年のアイデンティティと言える強力DLの働きが大きかったです。NYJ戦では,上手く処理されていましたが,この試合では各選手の良さが非常に出ていました。Kyleの超速ペネトレ,M.Dareusのクロッシングレイトサック,Marioのうっちゃりブルラッシュ,M.Andersonのカットバックラッシュなどなど(ネーミングは全て(仮)。現在思案中)
これに,ローテで加わったA.Carringtonが大事な場面でファンブルを決めるなど,DCのWannyが求めていたDLハッピーな守備が結果を残しました。
また,このDLを活かしたカバー2守備がこの試合は有効に作用していたと思います。結果的には,Casselに300Y近く決められ,ランでもそこそこ走られた形ですが,殆どは試合が決した後で許したもので,それまではほぼ完封していたと言えると思います。

この試合で見せた守備は,今季,Wannyが実現したいと思っていた守備の理想に近かったように思います。これがどの試合でも出来るようになれば,非常に頼もしいですね。

5 S.Gilmore
そんな守備の中,注目はやはりドラ1のS.Gilmoreですが,非常に素晴らしかったと思います。エースレシーバーのD.Bowe相手に非常に良いカバーを連発していましたし,ランでも素早い上がりのタックルでキャリアーを仕留めるなど,評判どおり。
先週のNYJ戦では,同じ新人のS.Hillにフィジカルで圧倒されるなど,戦犯のひとりになっていて,「評判倒れ」という指摘もされていました。しかし,今日は見違えるよう,今シーズンもそうですが,将来性の非常に高い選手であることは間違いないでしょう。特に,ホールディングすれすれのプレスカバーは,なかなかの職人技です。


昨年に続き,同じような展開でK.Cを撃破。AFC-Westの優勝候補にも上がっていたチームを,これだけ圧倒できたのは自信になるでしょう。ちなみに,この試合は20日(木)午後9時から,GAORAで放送があります。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 23:03 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そうですか、DLはともかくOLもMVP級の働きですか。
スピラーもついに覚醒ですか。
こりゃもう来週はフィッツパトリックのやらかし待ちしか望みがないかなあ、いやまずスピラーを止めないと……開幕戦は参考にならんとベリはんも言ってますし、今年のBUFは難敵ですね。いつ1勝できるのやら。

| mentai | 2012/09/18 01:13 | URL |

いやいや,Week1があんな試合だっただけに,ようやくこれで御破算って感じです。
一歩間違えばどっちに転んでもおかしくないという不安定なチーム状況に変わりませんテ。

Spillerもそろそろマークされる頃だろうし,守備も基本,DL頼みのカバー2なんで,DLが封じ込められて真ん中狙いで行かれればやばい状況です。

>フィッツパトリックのやらかし待ち
いやあ,これはかなりの確率で発生するんで,ある意味,計算できますよ。w

ところで,T.カーダーは試合に出てるんでしょうか?

| びるずだいなすてぃ | 2012/09/18 21:32 | URL |

カーダーは、今のところ試合にはインアクティブです。
フジタとヘイデンが入れ替わるようにロスター枠を空けているので残っていますが、
ヘイデンの出場停止が解けたら危ない立場ですねえ。

| mentai | 2012/09/20 07:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/879-890272eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。