改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Week3 掟破りの同盟対決プレビュー

明日,予定があるので早めのプレビュー。


さて,Week3は,同盟国であるC国との対戦。ここ数年,両チームとも同じ様なチーム状況なんで,試合をする率が,一時のPats&Ind並に高い両者ですが,2年ぶりの試合になります。
ちなみに,C国領内での試合は,2007シーズン以来。確か,大雪の視界度ゼロの試合でしたねえ。
3年前には3-6という質の高い試合をするなど,ある意味,「ドアマットたる所以ここにあり。」「NFLの真骨頂は,16試合めいっぱい戦うことにあり。」という「BCD三国同盟」の目指すべきところを具現化した(D国には抜け駆けされましたけど),玄人向けの温い,もとい,熱い試合となっております。

◎怪我人情報
B国は,FreddyとWRのR.MartinがOUT。ちなみに,Freddyは当初3-8Wアウトと言われてましたが,手術が不要で,既に練習を開始。change-of-directionの練習もしていて,非常にスムーズな動きをしていたと報道されています。
現時点では,W6のAri戦からの復帰が予想されていますけど,このまま早い回復が見込まれれば,W5のS.F戦での復帰の可能性もあるとのこと。
K.C戦で足を痛めた鳥人は水曜の練習を休みましたが,木曜からの練習には復帰しており,出場できそう。同じく,水曜の練習を休んだN.Barenttも同様に出場可能。

C国については,C国民であるmentaiさんのアツいブログ「野犬留置場」をご覧ください。手を抜いてスイマセン。。。

◎B国攻 VS C国守
C国のDCと言えば,我が国の前HCだったD.Jauron氏。氏と言えば,「ブリッツするヤツなんてアホ」と言わんばかりに,ブリッツがほぼ皆無のベタベタなコンサバゾーンDをB国では敷いていた訳ですが,基本は同じ感じ。
それが,氏のフィロソフィーってやつなのか,自国の選手を分析しているの結論なのかは不明ですが,やっぱりCinとの試合ではゾーンDが非常に多かった。また,J.HaydenがいないCBはクッションが大きめで,この辺りをB国としては活かしたいところ。

基本,フロント4でランを止めプレッシャーをかけるという戦略で,それ以外の選手はゾーンで守り,たまにLBがブリッツを仕掛けてくるというオーソドックスなスタイル。
まずは,DLを攻略したい。2年目で核と期待されたP.Taylorが欠場しつつも,他の選手もなかなか良いプレッシャーをかけていた印象。ここはひとつ,Spillerの横への動きで意識をワイドに取らせつつ,真ん中への一発を決めたいところ。
パスでは,ゾーンDの縫い目をかいくぐるのはお手の物のStevieに期待したい。で,LBがブリッツを仕掛けてくれば,得意のアクロスやスラントパスで裏を取ってRACを稼ぐってことで。もしくは,弱点となっているCBのスピード不足を徹底的に攻めてのロングパスとか。

ランは,もうSpillerの覚醒を信じるのみ。Freddyと違って,どんな状況でもそれなりにゲインするという訳ではなく,止められるときはあっさり止められるって感じなんで,序盤に通用しないとなると,あっさり他のプランに切り替えるのが得策。

で,気をつけるべきは,やっぱりFitzの”やらかし”。K.Cではここぞのパスを決めていたものの,細かいパスコントロールは相変わらず雑。一歩間違えば,ゾーンDの網の目に思いっきり引っかかる。

まあ,個人的には,B国が苦手としている様々なパターンで仕掛けてくるブリッツハッピーな激アツ守備では無いので,自滅さえしなければ,それなりの得点は出来そうな気がします。

◎B国守 VS C国攻
W1のトンデモスタッツから奇跡のバウンスバックを果たした,ニセ”Big Ben”ことB.Weedenとニュー”ゴムまり野郎”のT-Rich。この二人にC国の行く末がかかっているのは言うまでも無く,C国の今年の至上命題はとにかくこの二人を一人前に育てることにありそう。
まずはWeeden。いやあ,このQB,なかなか良いですな。肩が強く,コントロールも良い。パスターゲットもショートパスの時にガン見傾向はあるものの,ポケットに留まったときのフィールドビジョンと落ち着きぶりは,流石の28歳。ドローもプレーアクションもそつなくこなすんで,QBとしての完成度としてはなかなかだと思います。 少なくとも決めれるときの確実性は,Fitzより遙かに上。
とはいえ,そこは新人くん。やっぱりプレッシャー掛けて頭の中の混乱をきたすというのが常套手段でしょうか。K.C戦ではLB陣に結構な量のブリッツを入れさせていたので,同じような戦略を取るでしょうかね。
であれば,キーはDB陣。レシーブ力とかフィジカルとかでは,やや不足気味なCinレシーバー陣ではありますが,若い分,捕ってチギる能力がありそうな選手はいて,Cin戦でもこれが決まっていました。特に,B国にとっての大きな弱点である早いタイミングのパス守備が機能するか,真ん中へのスラントとかは特に要注意。プレス守備でルート阻止するとかのプレーも必要でしょうか。
仮に,SSのG.WilsonがT-Richのマークにまわるようだと,逆利用されるケースも出てきそうなんで,その際には鳥人に頑張ってもらいたし。

次は,T-Rich。B国民なりたての頃に,ローンスターの#22にスーパーボウルでフルボッコされたことを昨日のように覚えている身にとっては,「E.Smith2世」という冠名だけでもヤな感じ。
プレシーズンを全スキップしたことで,とにかくプレーをこなす方針をとったことがCin戦では功を奏したのでしょうか,素晴らしいパフォを見せました。
純粋なパワーバックで真ん中ズドーンというのではなく,オフタックルとかの方がむしろ怖い。真ん中にはKyle&Dareusという大きな壁がおるんで,ここを本気で狙ってくるとは思えず,そうなるとやっぱりDEとかOLBが守るゾーンを攻めてきそう。
てことで,両DEのコンテインが鍵を握りますかね。M.AndersonはK.C戦でラン守備も出来ることを見せましたけど,パワーという点では危険なんで,むしろC.Kelsayの出番が多くなるかも知れません。Marioは,ラン守備も期待されての入団だけにやって当然でしょう。
T-Rich本人が「カレッジでは一人の選手のタックルで止められた記憶がない。」と豪語しているだけあって,プロの洗礼とやらを食らわしたいところですが,やっぱり確実に止めるには複数の選手の集まりの速さが鍵でしょうか。その点は,昔から教育されているので期待出来ると思いますけど。

とにかく,ラン以外でも,T-Richを絡めた,プレーアクションとかドローとかのプレーが非常に多いので,彼の対策をどうするかが見物。あんまり気を取られ守備全体が前屈みになると,ショートパスとかミドルパスを山のように築かれる危険性もありますんで。WilsonをT-Rich用のSpyにするなどして,過剰反応しないということが必要でしょうか。

◎キープレイヤー
・Fitz
Hayden出場停止で,強烈なマンカバーするようなDBがいるわけでなく,OLをdominateするようなパスラッシャーや巨大DLマンがいるわけでもないので,いかに確実なオフェンスをするかが鍵。特にゾーン守備では,投げミスとかは一発Intという危険性もはらむので,とにかく「やらかすな」。
Spillerのランが出ている間は良いけど,そのうち止まる。その時にFitzがどのようなプレーを見せるかが大きいでしょうな。

・Stevie
イマイチ弾けていない,ここまでのStevieですが,ゾーンDが大好物なStevieにとって,この試合では大きなチャンス。ただ,一方でポロリとかチップをするとどえらいことになりそう。過去2戦で見せたようなクイックヒットからのRACで持っていくプレーを再び見たい。

・DLユニット
とにかく,T-Richを止めるべし。DLで止めれれば,パスDへのウエートも大きくなりますから。
というか,Mario,そろそろ結果出さないと”100MのBust男Ver.2.0”になっちゃうよ。

◎予想
B国としては,序盤に守備がT-Richを止め,その間に攻撃が得点を重ねて,C国のラン攻撃の機会を奪ってしまうというのが理想的。逆に,ランが止めれないようだと,ズルズルとボールコントロールされ,それが焦りに繋がり,Fitzがやらかしちゃう危険性が増しそう。とにかく,序盤に大量リードされるという展開だけは避けたい。

でまあ,問題のFitzですが,NYJ戦でのパフォがあまりにも酷かったせいか,K.C戦では無難なプレーコールが多かった印象。コーチも流石に「こりゃあ,まずい」と思ってるんでしょう。ですので,まあ大丈夫かな?と信じるしか無い。
守備は,なんとなく相性が良い気がしますけど,特にWeedenのポテンシャルが分からず,彼が確実にパスを積み重ねることが出来るようだと,300ヤード超をあっさり決められるようなことになるかも。

んでもって,結局のところ,どうなのよってことですが。

23-16でB国の勝ち。

ゾーンD特有の,ダラダラ進むけど最後は止めるという感じで,B国は過去2試合出番の無かったR.Lindell御大の出番です。
守備は,金を掛けたDLが頑張ってもらわないと。

来週から,Pats,@S.F,@Ariと続くスケジュール前に,ここは一つ,勝ちを重ねておきたいという願望での予想です。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 00:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

テレビ中継がこの試合はないので残念なのですが、サックも決めているようですし、ディフェンスが良くなってきている印象を受けました。
ランニングバック陣の故障がかなり気になりますね。スピラーはいつ復帰してくるのでしょうか。来週のPatsやSF、Ariでひと踏ん張りすることを期待しつつ、とりあえず連勝したので、今週も気分良く過ごせそうです。今年もブログ楽しみにしています。

| kimway27 | 2012/09/24 14:45 | URL |

Week1ではどうなるかと思いましたが,守備は随分上がってきてますね。両CBという問題はありますが,若い2人なんでアル程度辛抱が必要ですしね。

RBは,意外にも2人揃って近いうちに復帰なんてことになりそうで,ひと安心ですね。

来週から,序盤のヤマである三連戦。この三週である程度,今年の実力が分かるかも知れません。

| びるずだいなすてぃ | 2012/09/26 01:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/881-6784bf67

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。