改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Week3 @Cle戦

今日のG.B,明日は我が身だなあ。


Week3は,C国との同盟対決。毎年のgdgdぶりが他人事とは思えないチームとの対戦でしたが,BufとしてもPats,S.F,Ariと続く強敵相手との連戦前にはぜったに勝っておきたい相手。

試合は,序盤,ポンポンと2TDをあげ,守備もC国期待のT-Richのラン攻撃を完封するなど,こりゃあ,楽勝と思っていたところで,まさかのC.J.Spillerの怪我で離脱。B国に暗雲が立ちこめ,徐々に追い詰められ,何時うっちゃられるかとヒヤヒヤしていたところ,何とか守備が踏ん張り,最後はFitzからのトドメのTDパスに続き,L.McKelvinのIntも出て勝負あり。何とか24-14で逃げ切りました。

1 勝因は守備の踏ん張り
見方が違えば,ってことになるんでしょうけど,B国的には,勝因は守備の踏ん張り。Spiller退場で,オフェンスのアジャストに時間がかかっている苦しい中盤の時間帯,守備が踏ん張り何とかリードを保ったままの状態で耐えることが出来ました。
あのまま,逆転を許していたらスタジアムの雰囲気からしても,そのまま負けていた可能性が高かったように思います。
特に頑張ったのは今週もDL陣。C国オフェンスの軸となるT-Richのラン攻撃をフロントで止めれたことで,2列目以降の選手の起用や負担が随分楽になったと思います。パスでも,常にプレッシャーを掛け,ポケットの最小化を実現。サックも4つ決め,FA加入のMarioとM.Andersonも共にサックを決めるなど,随分と形になってきたように思います。

注目だったT-Rich対策は,S2人+αがローテでロックオンしていた模様。スクリーンとかチェックダウンパスを素早く潰すなど,対策どおりにプレー出来た印象です。

2 オフェンスは全員の勝利
ランでもパスでもSpiller中心のプランを組んでいただけに,彼の早期退場は明らかにオフェンスに混乱を生じさせたと思います。あれだけのスピードとクイックネスでチョコマカ動くSpillerの替わりを出来る選手は現時点で他にはおらず,プランを大幅に転向することが必要になりましたし,それ以上にチーム全体に覆ったどんより感は,ここ日本でもよく伝わってきました。
そんな中でも,Fitzが大怪我をさせないクォーターバッキングを見せ,替わりのT.Choiceも申し分ない活躍。OLもサックを許さず,レシーバー陣もここぞという場面で堅実にプレーしました。

非常事態にも何とか対応できるあたり,少しはチームとして成熟したということでしょうか。まだまだ改良の余地はありますが,とりあえずは現時点でのベストなオフェンスが出来たと思います。

3 Fitz
さて,恒例になりつつある,「今日の秀才ひげ親父」。この日の成績は,22/35,208ヤード,3TDでINTなし。堂々の2週連続のレート100超です。
この日のFitzは,中盤辺りにやや乱れていた印象はありますが,全般的には安定していた感じ。プレーコール自体がコンサバ気味,OLの頑張りでノンプレッシャーの状態を保てた,というのが大きいと思いますが,Fitz自身もプレッシャーが来たら横に動いて,レシーバーを探したり,無茶な状態でパスを投げなかったりと,意識的な変化が見れます。また,コントロールも徐々に良くなっている気もします。
先週も書きましたが,こういう働きで十分でしょう。オフェンスを作るQBというよりも,オフェンスをマネージするQBってのがFitzにはピッタリです。

4 Spiller&Freddy
で,何より触れなければならないのはSpillerの状況。
正直,怪我で倒れたときは血の気が引きました。その後のFitzのファンブルもT-RichのゴムまりTDも全く心に響かず。思うのは,「嗚呼,原人がいたならな」などという妄想。

テな感じで,試合後までは勝利そっちのけで落ち込んでいたのですが,どうやらSpillerは軽傷の模様。退場直後は,肩や鎖骨の骨折だとかどこかの筋を断裂したとかなど言われてましたけど,診察結果は「肩の打撲」。1-2週間の欠場で済むとのこと。
更に,今日になって事態が好転し,チャンが次週のPats戦への出場について,「出る可能性と出れない可能性のどっちが高いかと言われれば,出れない可能性の方が高いということになるけど,まだ出場する可能性を除外したわけでは無い。」と現在の状況を語っています。

一方,Week1で足首を怪我したFreddyは,どうやらPats戦に出場できる見込み。本人は,「70-75%出れる。」となんだか微妙なことを言っていますけど。

2人とも欠けてPatsと戦わないといけないと思っていたのが,ひょっとしたら,2人をどうやって使い分けるべか,という悩みに変わりつつあるわけですが,出場できてもベストな状態ではないですし,更なる怪我を負うことの方が心配。ケースは違いますが,脳震盪で欠場していたNYJのD.Revisが復帰した途端,ACL断裂という大怪我を負ってしまうという悪循環が頭をよぎります。

序盤の山であるPats戦なんでね,出て欲しいですけど。

5 ダンテさん訪問
ところで,D.Nelsonの離脱で層が薄くなっているWRですが,CleやPatsに在籍していたD.Stallworthがワークアウトのためにチームを訪問したとのこと。他には,元StlのD.Alexanderという大型レシーバーもワークアウトしています。

Stallworthは,かつてはリーグ有数のスピードを持つWRとして名を馳せていました。近年は,自動車で死亡事故を起こすなど,プレー以外のところで話題になることが多く,昨シーズンもWasで309ヤードのレシーブに終わっています。
ちなみに,Cle在籍時,ファンブログ「野犬留置場」にて,ダンテさんの愛称で親しまれていました。
今のところ,契約云々という話は伝わっていませんが,WRは補強の必要性があると思っていただけに注目したいです。

さて,来週はいよいよ序盤のヤマであるPats戦。なんか,ツキにも見放されている感じのPatsですが,昨年の対戦前に比べるとチームの調子は随分悪いみたいです。ホームでの試合でもありますし,ここは一つ,勝ちを拾いたいところ。
テ話ですが,実はこの試合前はもう一つの大きな対戦が個人的にありまして。。。そのあたりは次の投稿にて。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/882-b8cb0880

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。