改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

両コーディネーターが決定

SBといえば,このブログでは2月に行われる某頂上決戦では無く,Senior Bowlのこと,というのは皆さんご存じのはず。

そのSenior Bowl2013に,シラキュース大のR.Nessibが出場することになりました。ドラフト全体1位が予想されているWVUのG.Smithが出場を見送った替わりと見られますが,Bufファンとしてはこのドラフトで一番注目の選手が,出れることになったのは素晴らしいこと。

毎年,Senior Bowlで評価が急浮上する選手も多く,現在2巡相当と言われるNessibですが,ここでしっかり結果を出せば,1巡での指名も夢では無いでしょう。まあ,全体8位まで上がってくるかは微妙ですが,マローンさんご祝儀という意味では,Reachがあるかもしれません。
Reachでも仕方が無いと思われるくらい評価を上げることを期待したいです。


D.マローンさんのHC就任から48時間も経たないうちに,攻守の両コーディネーターとなる人が決まった模様です。

まずは,OC。過去2シーズン,マローンさんの元でシラキュース大のOCを務めていたN.ハケット氏が来季からOCとなることが内定したようです。
ハケットくんは,NFL,カレッジで長らくコーチを務めたP.ハケット氏の息子さんで,弱冠33歳です。過去2シーズン,マローンさんの右腕として,オフェンスのプレーコールを担当し,今年は所属するBig Eastでランク1位のオフェンスを記録しました。

興味深いのは,彼がマローンさんと共に導入したオフェンススキームで,我がBuffalo Billsの全盛期である”K-GUN”がベースになっており,プレーブックも参考にしていたとか。
K-GUNとは,ご存じのとおり,我らがJ.ケリー師匠が駆使したオフェンスの呼び名で,いわゆるラン&シュートFをベースに,3WR&TE&RBをレシーバーとしてフィールドの縦横を縦横無尽に走らせ,相手をギッタンギッタンにしました。そして,もう一つの特徴は,ノーハドルオフェンスのハリーアップオフェンス。シラキュース大はこれを駆使していたとのこと。
実は,ハケットくんは,2008-2009年に,オフェンスクオリティコーチとしてBufに在籍しており,この際にケリー師匠と関係を築き,このオフェンスを学んだと言われています。

まだ,33歳と若く,NFLでのポジションコーチ経験も無い人に,いきなりOCを任せて良いのかという指摘の声は大きいですが,個人的にはこの人事は好きです。
確かに,リスクはありますが,そんなものはマローンさんをHCにした時点で覚悟しているはずです。その中で,マローンさんが専門分野であるオフェンスでプレーコールを任せることとなるポジションに,最も信頼して,自分のフィロソフィーを理解しているハケットくんを据えるというのは,非常にスマートだと思います。あとは,結果を出すだけでしょう。数年後,他のチームからHC候補として声が掛かるくらいの結果を残して欲しいです。

一方のDC。こちらは,就任記者会見で宣言したとおり,NFLでの実績十分なM.Pettineさんを同地区ライバルのNYJから引き抜きました。


Pettineさんは,R.ライアンがNYJのHCに就任した際,ライアンに請われて,一緒にBalから移り,以来,ライアンの右腕として,リーグトップクラスの”Gang Green Defense”を造り上げました。PettineさんがNYJに移って以降の守備ランクが,1,3,5,8位と全てトップ10を記録しています。

NYJといえば,複数のLBやDBをブリッツさせ,数で圧倒する,超アグレッシブなオーバーロード守備で,Bufも本当に苦しめられました。
今季のBufといえば,ブリッツを入れる率がリーグ平均よりも10%以上低く,リーグワースト。引きまくりの,コンサバなゾーン守備でいつまでもダラダラ進まれる守備にイライラしたファンも多いはずです。
それとは,全く好対照な守備フィロソフィーを持つPettineさんのDC就任で,どれだけBuf守備が変わるか楽しみです。
気になるのは,Pettineさんのコーチングが殆ど3-4守備だったこと。しかし,今季のNYJは4-3重視のハイブリッドDを採用し,きっちりと結果を残しているので,システムやらを超えた守備の天才などと評する人もいます。

リーグでの評価も高く,今季で契約が切れるPettineさんに対し,NYJは契約延長を申し出ましたが,Pettineさんはこれを拒否,自ら新しい職場を求めていたと言われていました。ライアンも「彼が成功することを祈っている。但し,Buf以外のところで」などと言っていました。冗談では無いでしょう。ライアン自らもきっと,Pettineさんと眠れる”タレントの宝庫”Buf守備との合体をおそれているに違いありません。

ちなみに,今オフのNYJは,元より主力のFA選手が多いことに加え,サラリーキャップが現時点で既に大幅に超過しているため,B.スコットやC.ペースらの主力選手の解雇が噂されています。彼らのうち,何人かを引っ張ってくるかも知れません。

これで,チームの核となる3人のコーチが決まりました。HCすら決まらないチームが多い中,こんな素早い人事が出来るなんて素晴らしいことです。信じられません。
しかも,どの人も妥協したわけで無く,チームの展望に沿った人事がほぼ100%出来ました。
2010年のことを考えると,同じチームとは思えません。期待外れの今シーズンを見るにつけ,やっぱりこのチームはいつまで立ってもダメだ,と思った人も多かったと思いますが,チームは間違いなく正しい道に進んでいると思います。

R.ブランドン,ぐっじょぶ!


スポンサーサイト

| buffalo bills | 00:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Syracuse繋がりでNassibというのが一番順当なのかもしれませんが、NC Stateファンの私としては話題になったM.Glennonもまだまだ捨てがたいw

TJ Grahamとのホットラインが見たいんじゃ~

いずれしても、2巡トレードアップぐらいで取れると良いですね!

| iggy12 | 2013/01/12 04:56 | URL | ≫ EDIT

Glennonは,ESPNのM.カイパーが今年のQBでNo.1と言ってましたね。B.ニックスが自ら追いかけているという話ですし,十分可能性はあるでしょうね。
まずは,NassibとGlennon両方が出るシニアボウルが注目ですね。T.Wilsonも出るようですし。

仰るとおり,QBは1巡下位にトレードバックして指名が理想でしょうね。まだまだ守備にも選手が必要なんで,一つ目の1巡は守備のプレーメイカーが欲しいですね。

| びるずだいなすてぃ | 2013/01/14 10:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/899-cd3ff37a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT