改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

M.Lawsonを獲得

このレベルでの契約でも大喜びしている俺は何なんだ。


チームは,元CinのM.ローソン(LB)と契約を結びました。
契約は4年12M,内訳は次のとおり。
Total2013201420152016
Sighning Bonus30.750.750.750.75
Base Salary7.551.61.81.82.35
Roster Bonus1.25-0.50.50.25
Workout Bonus0.20.050.050.050.05
Cap Hit122.43.13.13.4
   ※単位は全てミリオン

非常にバリューな契約,インセンティブは無く,普通にチームにいれば全て保証される内容です。まあ,これから見ても,フルタイムの先発という感じでの契約では無いでしょう。

ローソンは,2006年のドラフト1巡(全体22位)でS.Fに入団しました。大学は,マリオと同じN.C.State出身で,マリオとは1年違いですが,同じ年にドラフトされ,大学時代はルームメイトだったとか。ちなみに,この年のBufの1巡指名はD.ウィットナーとJ.マッカーゴでしたが,マッカーゴも同大学出身でした。

ナイナースで5シーズン過ごした後,Cinに移籍し2シーズンを過ごした後,UFAとなりBufに入団となりました。これまで,81試合の先発出場をこなし,ナイナースで3-4,Cinで4-3を経験するなど経験は豊富。
コンバインでは,40ヤードを4.43という,196センチ・109キロのサイズとしては化け物クラスのスピードを記録し,スピードが最大の特徴。2009シーズンでは6.5サックを記録しています。ただ,ランDにもパスカバーにも能力を発揮することが出来,単なるパスラッシュ要員ということでは無さそうです。

チームは,現時点ではストロングサイドのOLBで起用予定。このポジションではTEのパスカバーを担当することにもなりますが,本人は「グロンコを抑えてやる。」と息込んでいる模様。
Cinでは,パートタイマー的な使われ方をしている印象ですが,ペティンさんは「彼の能力がCin守備で活かされていたとは思えない。」と純正4-3守備での起用がローソンにフィットしていなかったという印象を持っているようです。

まあ,プロフを見ると,弱点が無い素晴らしい選手という印象。ハイブリッドにフィットする選手ですし,平均的な選手ではありますが,使い勝手は良いようなので,適切な補強だと思います。
守備が大きく替わる選手では無いですが,とりあえずのRoster確保は出来たでしょう。



FAですが,今年はほとんど動きがありません。とりあえずは呼んだけど,フラれてしまったという感じでも無く,今年はFA補強は考えていないという印象。GMとアシGMはカレッジのプロデイ行脚をしているようで,ドラフトでのQB探しに力を入れています。

なんだか,「FA開始時は寝てた」と笑えないジョークをB.ニックスが言っていたチャン政権初年度と似たような感じです。
R.ブランドンがプレジデント就任時に「今後はFAでも攻撃的に行く」と言っていたのは何だったんでしょうか?今年に限ってはしないという感じなのでしょうか。

とはいえ,ドラフト指名が確実視されるQBはさておき,WR,TE,OG,LBあたりは選手自体がおらず,このままでは戦えません。ドラフト指名権は6つしかありませんし,補償Pickも期待出来ません。ヘタすりゃ,QB指名のためにトレードアップすることも考えられ,数の面からもドラフトで補うことは無理です。

ホントにどうするつもりなんでしょ。FA戦線が落ち着いて,あぶれた選手を買い叩くつもりなんでしょうか。
いくら,再建期とは言え,その方法でチャン政権時に結果が出せなかったわけで,同じアプローチでのチーム作りを繰り返そうとしているチームに疑問を感じます。今の状況じゃ,マリオ契約が完全に無駄なものとなってますね。場合によっては,今季呉の放出なんてこともあり得るのかも知れないですね。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 09:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/915-2fd41fa4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT