改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

招待選手から見るドラフト戦略

K.Kolbの契約詳細が明らかになりましたが,予想していた以上の絶妙な内容の契約になっています。

当初の報道では2年13Mという数字が出ていましたが,実質的には,2年6.1Mという半分の内容。しかも,このうち,保証されているのは1Mのみということで,仮に今シーズン前に解雇された場合は,1Mしかキャップヒットしません。
MAX13Mになるということで,おそらくスナップ数やチームの成績によるボーナスが多くを占めているんでしょう。

完全なバックアップ待遇で,よくこれで契約出来たなという印象。Kolb曰く「他のチームからも声が掛かっていたが,Ariを解雇されてからずっとBufでプレーするのが夢だった。」などと歯が浮くようなおべっかを言ってますが,お金で決めたわけでは無さそう。

ちなみに,Kolbの契約詳細はこちらをご覧ください。http://www.cbssports.com/nfl/blog/jason-la-canfora/22036612/kolbs-bills-deal-guarantees-only-$1m;-more-like-a-backups-contract


さて,ドラフトまで,いよいよ2週間となりました。今年はFAで大人しかった分,選手との接触を積極的に図っている様子です。
B.ニックスがGMに就任して以降,1巡指名選手は必ずプレ訪問させており,誰を招待しているかである程度1巡のターゲットを推測できそう。てことで,今日は招待選手リストから,ドラフト戦略を推測してみようと思います。

まずは,招待選手リストから。
PlayerPos.College
Geno SmithQBWest Virginia
Matt BarkleyQBUSC
E.J. ManuelQBFlorida State
Mike GlennonQBNorth Carolina State
Matt ScottQBArizona
Landry JonesQBOklahoma
Jeff TuelQBWashington State
Justin HunterWRTennessee
Da'Rick RogersWRTennessee Tech
Ryan SwopeWRTexas A&M
Zach RogersWRTennessee
Russell ShepardWRLSU
Ryan GriffinTEConnecticut
Dion JordanOLBOregon
Barkevious MingoOLBLSU
Jarvis JonesOLBGeorgia
Alec OgletreeILBGeorgia
Kevin MinterILBLSU
Jamie CollinsILBSouthern Mississippi
Kenny VaccaroSTexas
Cooper TaylorSRichmond
Jonathan MeeksSClemson
Malcolm BronsonSMcNeese State
ちなみに,これはチーム施設に招いた選手。よく混同されがちですが,プライベートのワークアウトはこれとは別。チーム施設では無く,所属のカレッジで行われることが多いです。

・まず,目に付くのがポジション的な偏りが激しいこと。QB,WR,LB,Sに集中しており,QB以外はいずれも先発で起用できる選手が欲しいポジション。QBも,Kolbとターバリスの契約を見れば,取りあえずの場つなぎ,保険ということが一目瞭然。マローンさんも,「Kolbとの契約がドラフト戦略に影響するとは思えない。」と,これまでの補強路線を変えないといっていますし,その後の候補生QBに対するアプローチを見ても,QB指名が未だpriorityであることは間違いなさそうです。

・で,そのQBですが,とりあえず有名どころは全部抑えている感じ。ここには上がっていませんが,T.ウィルソン(Arkansas)も訪問予定で,T.Brey(Tennessee)とR.ナッシブ(Syracuse)は,プライベートワークアウトを既に行い,今後の訪問が予定されているようです。また,中位以下で最もその指名が注目されているM.スコットも招いて,バークリーとともにディナーを取ったとかで,こちらへの興味も非常に高そうです。
しかし,これを見る限り,全巡でそれぞれ指名相当な選手がいるため,どの順位でどの選手を狙っているのかは全く分かりません。

・ところで,今年の動きで面白いのは,同じ大学のQBとレシーバーを一緒にワークアウトさせていること。バークリーとR.ウッズ。BreyとJ.ハンター&D.ロジャーズ,ナッシブとA.レモンとか。他のチームは分かりませんが,少なくとも,ウチでこういう動きをしているのを見るのは初めてです。両ポジションとも補強優先度は高いので,ホットラインのコンビをそのまま獲ろうと考えている様子が分かります。

・ただ,その中で興味深いのは,T.オースティン(W.Varginia)やK.パターソン(Tennessee)という高い評価を受けているレシーバーをあえて外していること。

・まず,オースティンについては,欲しているタイプの選手とは明らかに違うということもありますが,Genoさんとの両取りは流石に出来ないという考えがあるのかも知れません。ここに来て,オースティンの評価が急上昇しており,今やTop10目前。Genoさんも指名できるとすれば,8位でしょうから,流石にこの二人を両方獲るのは難しいはずですし,オースティン単体で獲っても仕方が無いと考えているのかも知れません。まあ,ここは完全な妄想ですが。

・一方のパターソンは,単純に評価してないのではと思います。”相方”のBreyが1巡で指名されることはまず無いでしょうから。
タイプとしては,サイズもあってスピードもありと,欲しいはずの選手ですが,実質1年の実績が無く,ボディキャッチャーと言われる欠点を嫌っているのかも知れません。Mock DraftでBuf指名の有力選手となっていますが,実際にはチームが興味を持っているという話を聞いたことがありません。むしろ,同僚のJ.ハンターの方を高く評価している感じです。

・一番特徴的なのは,OL選手が一人もいないこと。ここ最近のMockを見ると,C.ウォーマック(Arabama)とJ.クーパー(N.Carolina)の予想が非常に多くなっています。おそらく,A.レヴィトリが抜けた穴を埋めるという単純な考えなんでしょう。この二人であれば,全体8位としてもおかしくないという理由もあると思います。
とはいえ,レヴィトリを殆ど引き留めなかったに近かったことからすると,既に代替の選手を見つけているのか,High Profileな選手はOGには不要という考えがあるということなんでしょう。

・一方,OT指名の方がむしろ可能性はあるかもしれません。今,時の人となっているL.ジョンソンに関してチームが高い関心を示しているという報道をしているメディアもあります。C.GlennはLTとしての可能性を昨シーズン見せましたが,今でもOGやRTの方が適っているという指摘も相変わらず多いですし,GlennをLGにコンバートしてLTを指名するという可能性は否定できません。とはいえ,8位までに有力なOTは消えてるっぽいですけどね。

・SSに関しては,K.Vaccaroの8位指名の可能性は残ります。カバーもタックルも得意なVaccaroはペティンさんにとっては魅力でしょうし。ただ,とりあえずは3年目を迎えるD.シアシ-を試そうとしていると思います。昨シーズンも,出た時ははなかなか良いプレーを見せていましたし,私自身も見てみたいです。


とりあえず,QBとWRの訪問が落ち着いたところで,徐々に別のポジション選手の訪問が増えてきました。今後は,これまで呼んでいないようなOLやTE等の選手に声をかけるのか,もしくは,これ以上は行わないのかで,1巡指名がどうなるのかは見えてくるように思います。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/920-7e53a7c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT