改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドラフト初日&2日目

ドラフト前夜のまさかのゲロまみれから今日も調子悪く,ようやく初日と2日目のエントリー。

ふぅ。何とか間に合った。


1-16 E.J.マニュエル(QB,フロリダ州立大)
WCOと相性が良いだの,HCとの相性実証済みとかなどという次元で考えていた自分には,マニュエル指名に一瞬膝をつきましたが,確かに「素材買い」としては今年一番の選手かもしれませぬ。
とまあ,マニュエルのことを書く前に,何が素晴らしいかって,当初から指名予定の選手をトレードダウンしつつ獲れたこと。
T.オースティンを巡り,NYJとStlがドンパチやっていたところに,「ウチもTop候補」などと煙幕バレバレのリーク情報を流して参戦し,「まさか全体8位でナッシブはねえよな。まさか。。。」と他チームが思ったかどうかは不明なものの,ラッキーにも2巡と7巡をゲットしました。指折り数えてもあと1つ2巡があればと思っていたので,この時点で私的には1巡は大成功。

そして,マニュエル。先日のエントリーでも書きましたが,とにかくQBとして大成するだけのツールは全て持ってそう。肩の強さ,クイックリリース,ポケット内での機敏さ,モビリティ,リーダーシップ,カリスマ性。そして何よりハイライトを見ると,ビッグプレー能力がありそうな感じ。まあ,ハイライトなんてものは良いところ取りなんですが,そういうプレーを出来るポテンシャルはあるってことで,それをどのように確実な物に変えていくかでしょう。

個人的には,このマニュエルの人間性は買い。指名直後の壇上で涙を流した姿もそうですが,指名直後の第一声で,「Buffalo Billに慣れることを誇りに思う。」と言ったり,地元のインタビューで,ファンに何を約束するかという質問に対し,「一生懸命取り組むこと,ファンやフランチャイズに敬意を払うこと」と答えるなど,どこぞの誰かのようなギャランティー宣言するようなことをしない姿勢は好印象です。

とりあえず,フランチャイズの悪しき歴史を絶てるかはマニュエルを育成できるかにかかってるのは間違いない。
今シーズンはKolbでしのいで,その間に若いレシーバーととも育成する,ってのが理想。今シーズンはつかわんでええ。個人的にはKolbも楽しみなんで。

しかし,マローンさん,教え子を煙幕材料に使うとは,予想以上に鬼だな。

2-41 R.ウッズ(WR,USC)
QBと並ぶ補強必須だったWRでは,まずUSCのウッズを指名。今年,元も完成されたレシーバーと評判で,Juniorの頃はTop10指名も予想されていた選手。チームが欲する「サイズもスピードもあるレシーバー」には似ても似つかないけど,それ以前に「ハズレそうに無いレシーバー」という意味では最適な人でしょう。WCOもカレッジ時代に習得済みですから。

問題は,サイズとパワー不足な点で,プロでもアウトサイドをプレー出来るか。もし,一部で指摘されているスロット限定となれば,Stevieスロット起用案が暗礁に乗り上げるわけで。キャンプでは,T.J.グラハムの成長が話題でしたが,使ってみないとわからんですし。
ま,最終的にはStevieを本来の位置に戻すと思いますけどね。とにかく,エースとしては厳しいが,セカンドレシーバーとしては非常に頼りになりそうな感じのレシーバーを獲得できました。

3-46 K.アロンソ(LB,Oregon)
1巡のトレードで得た二つ目の2巡指名権で獲得したのは,こちらも懸案のLB。先日,訪問したK.ダンスビーとは事実上,決裂したみたいですし,その替わりという意味でもLBは必要。
とにかく,このアロンソ,ある一点のことを除けば,すこぶる評判が良い。1試合には必ず3-4プレーはインパンクトプレーを見せるBigプレーメイカー,タックル良し,カバー良し,ブリッツ良し,サイズあり,スピードもそこそこあり,3-4ではILB,4-3ではOLBが出来る,などと1巡クラスのプロフィールが並び,ペティンさんの「ガンガンブリッツ」に理想的な選手で,早くも開幕からの先発を期待する声も挙がっています。

さて,問題の”ある一点”というのはフィールド外のトラブル。飲酒運転で捕まり2010シーズンの出場停止を食らうと,2011年にも酔っ払って住居侵入をして逮捕されるなど,酒絡みのトラブルが多い。
これまで,こういった選手を敬遠し続けてきたB.ニックスは,「そのリスクを背負うほど良い選手。」と評していましたが,そういう選手を敬遠していては今は無理ということを考えたのでしょうか。それとも,マローンさんの指導を期待してのものか。まあ,本人はもう酒はやめたらしいですけど。

3-78 M.グッドウィン(WR,テキサス)
1巡は3巡のスワップをしており,3巡は7つ指名権を下げました。そして,その指名権で指名したのは2人目のWRのグッドウィン。
この人,昨年のロンドン五輪の走り幅跳びアメリカ代表選手という輝かしい経歴の持ち主で,その五輪でも10位という好成績を残しました。
コンバインでは,40Y走で歴代2位の4.27を記録するなど,掛け値無しのスピードスター。Bufのスピードスターと言えばC.J.スピラーですが,おそらく彼よりも速そう。ハイライトを見ると,カレッジレベルではスピードで彼をカバーできる選手は殆どいない感じの異次元の走りをしています。
ただ,フットボール選手としてはまだまだ未完成であるのは間違いなく,ウッズとは違いこちらは最初はシチュエーションプレイヤーからスタートになりそう。ただ,とりあえず得意のジェットスイープ(スロットの位置からモーションしてスイープを受けるプレー)や縦への引っ張りだけでも何とかなるんじゃねーの?と思えるほどのスピードの持ち主です。一部のスカウト陣からは,「彼がカレッジ時代に数字を残せなかったのはカレッジのコーチが彼の使い方を知らなかったから。」などという声が上がっているとか。

しかしまあ,この人とグラハムが順調に育てば,スピラーを含めて,とんでもないスピード王国になるんだが,ってアル爺かい。

【3日目の展望】
本来は,TEかCBを2日目に指名する予定が,この2ポジションは今年は次々と消えていっています。他にもOGやSあたりのデプス要員も欲しいのだけど,実を言うと,QBをもう一人くらい指名しても良いのでは?と思ったりしてます。昨年のWasの二番煎じではないですが,今のBufにはフランチャイズQBの育成が第一の課題なので,候補は幾らいても良い。特に,R.ナッシブ,T.ブレイ,M.スコット,T.ウィルソンなど,一八の選手がいっぱいおるではないか。
他のポジション先に獲れとかいわれるでしょうが,昨年のWasだってそうだったし,SeaだってM.フリンを獲った直後でのR.ウィルソン指名は疑問の声の方が多かった。まあ,RGⅢのようにマニュエルが即先発では無いだけに事情は違いますけど。

それよか,とにかく眠い。。。最後まではとても持たないので,なんとか5巡まで頑張ります。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 00:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんか今回のトレードは物凄いWIN=WINみたいな扱いで返って怖いですね。まあでもテヴォンはパーシー・ハーヴィンの生き写しみたいだし、マニュエルはフルーティみたいになれそうな気がします。

| SLEEP | 2013/05/02 00:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/927-c855467a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT