改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポジション別みどころ【オフェンス】

もう,何も言いますまい。お久しぶりでございます。お覚えいただいてますでしょうか?


さて,気づけばというか,ようやくのプレシーズン初戦。年々,情報チェックへ割く時間と意欲が減少しておりますので,どこまでお楽しみいただけるか不安ではございますが,とりあえず,現時点での状況をポジション別に。

【QB】
当初,コーチ陣はドラ1のマニュエルとK.Kolbを順列をつけず同一線上に並べ,スナップ数も同程度こなさせてました。
もちろん,その真の狙いはマニュエルの成長だったわけですが,予想以上にマニュエルのプレーレベルが高く,片やKolbが守備のプレッシャーを上手く処理できないなど,両者の勝負はほぼ目に見えていたところで,Kolbが練習場のマットに滑って転んで膝を怪我するという自爆で練習を離脱。それに加え家族に不幸がありキャンプを離れるなどしている間にマニュエルが更に評価を上げ,ほぼ勝負はついた感じです。
むしろ,もう一人の新人のJ.Tuelが練習でロングパスを次々と決めて評価を上げており,Kolbはバックアップすら危うい状況になっております。
Ind戦は,マニュエル先発,Tuel2番手で賄うようで,Kolbは準備はするものの,緊急時もしくは終盤に出てくる程度でしょうか。

楽しみなマニュエルは,その成長カーブが特に評価を高くしており,コーチ陣は「昨日教えたことが今日には出来ている。」と表し,キャンプを取材したアナリストのM.Mayockは「スポンジみたいだ。」とマニュエルの吸収力の高さを表しています。

マニュエルの早期出動は,あまり好ましく思っていませんでしたが,無理使いしても実戦で学べる選手であるのならば大歓迎。今年1年,マニュエルでおかわりが何杯もイケるような展開が期待出来るでしょうか。

【RB】
新コーチ陣は,当初からラン重視,なかでもスピラー多用を匂わしていましたが,OCのハケットくんが,「スピラーがヘドを吐くまで彼にボールを回す」などと公言しました。これにて,昨シーズンまで基本だったFreddyとのポジション争いも終了。
そのFreddyですが,自身プロ最重量の225ポンドのバルクアップに成功してキャンプに臨んでいるとかでここ数年怪我に悩まされていますが,体調は良いようです。Freddyの今季の役割について,HCのマローンさんは「現在,検討中で,このトレーニングキャンプの目的の1つ」と未だどのようなものになるかは思案中のようです。
第3バックは,昨年までのT.チョイスよりもZ.ブラウンという選手の方が評判は良いようですね。

【WR/TE】
ドラフト前,一番不安だったWRが一気に楽しみなポジションになってます。
その中の筆頭が,2年目のT.J.グラハム。春キャンプの頃から成長が認められていましたが,サマーキャンプでも評価を上げています。特に,最大の弱点と言われたルートランニングに改善が見られ,練習でのプレーも安定。Stevieの反対サイドに最も近い選手と評価されています。Stevieがプレシーズンの大半をミスすると言われているので,評価を確かなものにすることができるか注目でしょう。
新人トリオのR.ウッズ,M.グッドウィン,D.ロジャース,いずれも高評価。特にグッドウィンは,難しいキャッチを連発していて,スピードだけの選手でないことを証明,ハケットくん曰く「ただ素晴らしいとしか言えない。」とキャンプを通じて,安定して高い評価を得ていたようです。スロットポジションからのガジェットプレイヤーとしての活躍が見込まれていただけに,レシーブ力も高いとなると,幅広い起用が出来そう。
個人的に一番注目のロジャースは,このキャンプでも高いパフォーマンスを披露。マローンさんから「春の頃から比べて,着実にステップアップしている。」と評価しています。問題は精神面。高い順位でのドラフト指名を予想されながらUDFAとなった理由であるフィールド外での問題も気になるところですが,フィールドでのメンタル面も課題とされています。そのあたりをプレシーズンで図られることになるでしょうか。
これ以外の選手では,キャンプ前にサラリーカットに応じたブラスミ,かつて大化けが期待されたM.イースリーも元気。C.ホーガン,D.サンプソン,B.カウフマンのら伏兵もチャンス有りと,なかなか面白い争いになりそう。

一方のTEは,昨シーズン最終戦でACL断裂したS.チャンドラーの回復が予想以上に順調。サマーキャンプではワークアウトには参加していますが,他の選手よりかは休憩が多いなど,まだ負担を軽くされており,先日のスクリメージにも参加しませんでした。ただ,開幕にはもちろん間に合うようです。
問題は,残りの枠。新人のC.Graggはレシーバーとしての評価は高いものの,チャンドラーの壁を越えることはできそうにもなく,課題のブロックがどこまで改善されるか,もしくは目をつぶるか。OLに不安を抱えるので,ブロック力の高いL.スミスは残したいところです。D.ディッカーソンやM.Caussinは正直言って厳しいでしょうか。

【OL】
不安なのがOL。特に,A.レヴィトリが抜けたLGの穴埋めが出来ていないのは明白で,それが他のポジションにも波及しているようです。
LGの後釜には,昨シーズン,E.ウッドの欠場時にOCとしてまずまずのプレーを見せたC.ブラウンを起用予定だったのが,練習では低調。6月に契約したD.Legursky,キャンプ直前に契約したA.Caldwellも決定力に欠け,ついには「禁断」だったLTのC.グレンの起用まで試しました。
とりあえず,初戦はブラウンを起用するようですが不安は残ります。典型的なドングリの背比べです。

片やOTも安泰ではありません。まず,RTの先発予定だったC.ヘアストンがPUPスタートで,未だ練習に参加できず。もともと,怪我の多い選手なんで今季はメドが立たないというのが個人的な見解です。
2年目を迎えるGlennも練習ではパスラッシュに対応できない場面が目立つなど,飛躍への期待には応えられていない様子。今季,パフォがいまいちだと,GlennのOG起用を考えた方が良いかもしれません。

どうも左サイドがいただけませんね。ブラインドサイドが不安だと,若いQBは辛いでしょうし,OLコーチ上がりのマローンさんの腕の見せ所ですね。RGのK.Urbikに負担を強いる展開は個人的にはカンベンです。

スポンサーサイト

| buffalo bills | 14:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人様

首を長くして再開をお待ちしてました!
プレシーズンとはいえ今年は幸先のいいスタートをきりましたね。
いつもビルズには期待を裏切られてばかりですので、今年も過剰な期待はしないでシーズンを楽しみたいと思います。
今シーズンも管理人さんの綿密で独断的なビルズ情報、どうぞ宜しくお願いします!!

| skinhead | 2013/08/12 07:48 | URL |

コメントありがとうございます。

ブログ更新はボチボチとなりますが,よろしくお願いします。
今季,攻守共に,実は結構楽しみだったりします。まずは,プレーオフ!目指して頑張りましょう。

| びるずだいなすてぃ | 2013/08/12 18:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/929-77215eaf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。