改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

開幕Roster予想

いかん,サクッと書くつもりがまた長文に。。。これが,定期的なブログ更新を阻む要因になっているというのに。。。

ちなみに,チームは最近合流した鳥人のRoster枠免除をリーグに申し出て認められた模様。免除期間は27-31日の実質プレシーズン中。チームはレギュラーシーズン中の免除も求めたという話ですが,そんなの認められるわけ無いでしょうな。


では,現時点での最終Roster予想を。まあ,ここまで来たらほぼ決まってる感じですけど。

【QB】E.J.マニュエル,K.Kolb,J.Tuel(3)
当然と言えば当然の全員残し。問題は,その順列。鍵を握るのはKolbたんで,今の調子じゃ先発は無理そうだが,単なる調子だけで言えばTuelの方が上。ま,試合よりも練習でその順列が影響するのがQBなんで,調子が悪いとは言え,ベテランのKolbが2番手で落ち着くんでしょうけど。
ちなみに,マニュエル先発はほぼ確定。そのマニュエルですが,術後は松葉杖不要で,すぐにリハビリを始めており,開幕にも間に合いそう。今シーズン1年はマニュエル育てる期間と割り切ってます。

【RB】C.J.スピラー,F.ジャクソン,T.チョイス(3)
今年のオフェンスは,OCが「スピラーがヘドを吐くまで彼にボールを回す」っていっているように,スピラーのラン期待によるランヘビーなものになるはずで,ランがオフェンスの基本になるはず。Rosterに残すRBは,ST要員とかシチュエーションプレイヤーは不要で,ローテで使える選手が優先。その点からすると,スピラー,Freddyを除く選手で比較すると,やはりチョイスに安定感がありそう。

【FB】F.サマーズ(1)
今年のオフェンススキームは,WCOとK-Gunをミックスさせたものを採用。あくまでクラシカルな意味での印象ですが,FBは前者では重宝され,後者は不要という感じ。
実際にプレシーズンを見ると,WCO調のパスで着実に進めるオフェンスはマニュエルと相性良さそうな感じで,ラン&シュートの縦パス中心なK-Gun風なオフェンスである雰囲気はあまり感じません。あくまで,ノーハドルという意味でのK-Gunになるんじゃ無いかなと思います。
練習でも試合でも,FBはブロッカーだけでなくレシーバーとしても重宝しているので,FBを一人は確保しそう。ていうか,サマーズが意外に使えるので彼を活かそうって展開なのかも知れません。STでも活躍してくれそうですし。

【WR】S.ジョンソン,T.J,.グラハム,R.ウッズ,M.グッドウィン,C.ホーガン,M.イースリー,D.ロジャース(7)
はい,一番の問題はここ。キャンプ前は,「Stevie以外誰がいるの?」って感じだったけど,現在では「誰を切るのか悩ましい。」ってことになっています。
上位4人は確定的。プレシーズンゲームを見ると,スロットに入ったホーガンのレシーブ機会を増やしており,彼もRoster入りしそうな雰囲気。問題は,それ以降。ブラスミ,M.イースリー,D.ロジャースが実質争っています。この中では何だかんだで使い勝手の良さそうなブラスミ,プレシーズンで結果を出しているイースリー,ポテンシャルの高さを評価されているロジャースって感じです。コーチ陣がどのタイプを選ぶかだと思いますが,Stevieがハムスという爆弾を抱えていること,力は評価するものの若い選手ばかりだということ,を考えると計算が立たないロジャースは一番不利な立場にあると思います。
その中で,あえてイースリーとしたのは,もちろん期待値込み。この選手には入団以来ずっと期待し続けていますし,いっそのこといなくなるまで期待しようかなと思います。 
ロジャース残しは完全な願望。プレーにムラがあるようで,現実的に残留は厳しそうですが,とうていPSで残せそうにないので。
Stevie以外は実績無く心配ではあるけど,ダイナミックな選手が多く,将来的に非常に楽しみなユニットになってきました。

【TE】S.チャンドラー,L.スミス,C.グラッグ(3)
チャンドラーとスミスは決まりで問題はグラッグを残すかどうか。キャンプではまずまずの評判を得ていたグラッグですが,プレシーズンでは目立ったプレーは無し。ただ,OCのハケットくんはTEへのパス重視のオフェンスを展開するといわれており,チャンドラーが怪我上がりということを考えるとレシービングTEを残しておく必要あり。リーのレシービング技術は残念ながら良いとは言えないので,グラッグは残すでしょう。

【OT】C.グレン,E.ピアース,T.Welch,S,ヤング(4) (C.ヘアストン:PUPスタート)
先発RT予定だったC.ヘアストンは,PUPスタートで未だ合流のメド立たず,2シーズン前に頑張ったピアースが何処までやれるか。グレンは,Min戦でJ.アレン相手に奮闘するなど,やはりLTで育てたい素材。今年はOGにも挑戦していたヤングをLGのリザーブ兼任残すという予想です。
【OG】C.ブラウン,K.Urbik,A.カルドウェル(3)
不安なユニットのひとつ。特にLGは,ひっかえとっかえしても結局定まらず,どうやらブラウンがそのまま先発に起用されそう。2シーズン前に「リーグで一番酷いOLマン」と言われながら素晴らしいプレーを見せて見事に先発定着したUrbikの二番煎じを願いたいところ。カルドウェルは先発の実績もあるので,シーズン深まるにつれての活躍に期待でしょうか。
【OC】E.ウッド(1)
未だシーズン通してプレーしたことのにウッドだけに,バックアップ無しは不安ですが,OGのブラウンもOCとして使えるので。

【DE】M.ウィリアムズ,A.キャーリントン,J.ヒューズ,J.ブラトニック(4)
ここは順当な4人でしょうか。ヒューズ,ブラトニック共にキャンプ,プレシーズンと素晴らしいプレーを連発し,これならば残って当然のレベルです。リザーブというのではなく,パス機会などで特に重宝されそう。気になるのはマリオの体調。入団時の記事で書きましたが,来オフに10MのRoster Bonusが発生し,契約をどうするかの局面が来ます。ペティンさん守備でどのような役割が任されるか注目ですが,スター選手に頼らないという印象もあるので,ボヤボヤしてたら切られるデ。
にしても,キャーリントンの評判がむちゃくちゃ良いですな。(*^o^*)
【DT】K.ウィリアムズ,M.ダレウス,J.ロス,A.ブランチ(4)
ここも順当な4人。ブランチはプレ2戦になって存在感出してきました。外からのラッシュの効果を出すためにも,真ん中をがっしり守れるかは大きなポイントになります。

【LB】K.アロンソ,N.ブラッドハム,M.ローソン,A.モーツ,B.スコット,M.Dowtin,C.ホワイト(7)

ここも比較的順当。スコットのカット予想も見かけますが,Sも兼任できて,ハードタックルも出来る選手を不要とする理由は無いでしょう。力の衰えも見られませんし。あとは,ST要員としてC.ホワイトが残れるかどうか。

【CB】S.ギルモア,L.マクケルヴィン,R.ブルックス,C.バトラー,J.ロジャース,N.ロビー(6)
ギルモア別格,WGR550のキャンプMVPにも選ばれ,Buf版「××アイランド」誕生へ。
それ以外の選手は正直物足りない。ギルモアサイドを避けて狙われる可能性が高いだけに心配。マクケルヴィンにドラ1の意地を見せてもらいたいけど,今年は怪我で満足に練習できていないし,怪我に苦労しそうな気がします。むしろ期待は上昇カーブに入ったバトラーでしょうか。ブルックスは,ブリッツァーとしての役割に期待。
層の薄さが心配で,最終Rosterから漏れた他チームで良い選手がいれば積極的に補強しても良いポジション。その反面,Roster入りのメンバーがすんなり決まるというのは,レベルもそれほど高くないということでしょう。

【S】J.バード,A.ウィリアムズ,D.ウィリアムズ,J.ミークス(4)
鳥人はこの際無視。せいぜい残り1年頑張ってください。チームとのわだかまりがかなりあるのは間違いないので,今シーズン中のトレード移籍も十分あり得る。どうせ出て行くならその方が良いけど,またそのパターンかとうんざりするのかと複雑な心境。 とりあえず,あの代理人はBuffalo出入り禁止で。
アーロンはSSのポジション争いに完全勝利した模様。鳥人に替わるSの顔になっておくれ。ドラフト指名した2選手は,この時点で切る理由は無さそう。むしろ,期待されながらキャンプもイマイチ,プレシーズンでもタックルミス連発しているD.シアシ-が切られると予想。ペティンさん守備の鍵を握るポジションだけに鳥人以外の選手に実績が無いというギャンブル度の高いポジション。

【ST】D.ホプキンス(K),S.パウエル(P),G.サンボーン(LS)(3)
既に確定の3人。全員がフロリダ州立大卒という面白いことに。ホプキンスもパウエルも辛抱して使い続けて欲しい。

スポンサーサイト

| buffalo bills | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/934-371c15ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT