改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最終Roster【Defense】

マニュエルが開幕先発に正式に指名。気を揉んだけど,これで一件落着??いやいや,ようやくスタートに立っただけ。「高機能スポンジ」と評されるマニュエルの学習能力の高さを1年かけて堪能することとします。


【DT】K.ウィリアムズ,M.ダレウス,A.ブランチ,J.ロス,C.ブライアント
【DE】M.ウィリアムズ,A.キャーリントン,J.ヒューズ
(Cut)A.Tipoti,I.クロス,J.ギルバート,T.トルゥープ,J.ブラトニック

マリオとヒューズはLBとの選別の出来ない選手なんで,DLだけでの話は出来ないけど,ちょいと8人は多すぎるのではないだろうか。特に,DL専属の選手が6人というのは多すぎる。しかも,何故,プレシーズンで結果を残したブラトニックが切られたのかも謎。正直,残すべきはブライアントよりもブラトニックでは無いのか。確かにカイルとマリオの健康状態が気掛かりですが,他のポジションを削ってまで残すのはいかがなものかと。

それはともかく,残ったメンツはやっぱりリーグに誇れるメンバーのはず。今年はキャーリントン,ヒューズという人材が現れて,底上げが出来ました。後ろが心許ないので,彼らが守備成功の鍵を握ってますね。

2010年のドラ2トルゥープが遂に切られました。実績は皆無と行って良いでしょう。おそらくB.ニックス時代最大のBUST。彼のドラフト指名時点で,地元Buffalo出身のR.グロンコウスキー(Pats)が残っていたわけで,彼を替わりに獲っていれば,果たしてどういう風になっていたんでしょうかね。

【LB】K.アロンソ,N.ブラッドハム,M.ローソン,A.モーツ,J.ウエスターマン,M.Dowtin
(Cut)B.スコット,K.Pough,C.ホワイト,K.ブラウン,B.スミス

一番謎を残したポジション。まあ,最初の4人は鉄板。ユニットの柱に期待されていたブラッドハムは,プレシーズン中に起こしたマリファナ所持問題の懲罰だったのかWeek4の試合でも,先発のうち一人だけプレーさせられていましたが,それほどアピールできるような結果は残せませんでした。逆に評価の高いのが新人のアロンソで,早くも湯ニットの中心になりそうです。
さて,問題は控え連中。
「B.スコットをペティンさん守備の申し子」的なことを言っていましたが,まさかのRoster漏れ。赤っ恥をかきました。にしても,スコットがいないなんてホンマ寂しい。。。

で,問題のウエスターマン。キャンプ中に入団し,正直存在すら忘れていた選手。プレシーズンでも殆どアピール無かったかと思うのですが,何故か残ってしまった。元NYJで,ペティンさん守備の伝道師ということなのでしょうか?であれば,もっと別の選手がいたように思うのですが。。。

【CB】S.ギルモア,L.マクケルヴィン,J.ロジャース,R.ブルックス,N.ロビー
(Signed)B.バトラー(Min)
(Cut)C.バトラー,K.エドワーズ,J.ロール,T.J.ヒース,D.Unamba,J.デンジャーフィールド,D.エリス

ギルモアが序盤の離脱,バトラーも戦力としてそれほど期待出来ないことから実質4人で乗り切ることに。まあ,ペティンさん守備が機能すればCBは4人で十分と思うのですが,それは精鋭4人という意味であって。。。

しかしまあ,あれだけたくさん選手がいたのに,ハナから評判の良かったロビーを除いては誰一人のこらなんだ。ギルモアはまだしも,マクケルヴィンの壁はそれほど高くなかろうに。プレシーズン終盤,「先発に最も近い選手」といわれたバトラーがあっさり切られたあたり,現状をしっかりと表しているかと。
残ったロビーは,あっぱれ!173センチと小兵ながらカバー力だけでいえば先発取れると評判。何処まで彼がNFLでやれるか注目です。

今年は,「ギルモアアイランド」着工の過程を1年かけて楽しもうと思っていましたが,着工遅れと相成りました。まあ,まだ2年目,長い目で見るべ,サクラダファミリア並に,ってコラコラ。
ギルモアいてもも心配なのに,更にスカスカな序盤。とりあえず,ブリッツをやまほど入れるので,せめてロングゲインだけはされないように確実に止めるべし。そのうち,誰かがサックして止めるか,OLがテンパって反則する。それぐらいなら出来るだろうに。

【S】J.バード,A.ウィリアムズ,D.シアシ-,D.ウィリアムズ,J.ミークス
(Signed)J.レナード (N.O)
(Cut)なし

シアシ-は切られると予想していましたが,やっぱり残留。期待されてんだから頑張らないと。それ以外は,順当な4人。
レナード加入は,鳥人怪我の保険としての傭兵契約と思われますが,ペティンさん(R.ライアン)守備を具現化したような選手なので,早期に活躍すれば,思わぬ拾いものになるかも知れません。

個人的な注目は,アーロン&デュークのウィリアムズ×2共にハードヒッターで,ペティンさん守備にはまりそう。問題は二人とも安定感の無さ。共に弱点がはっきりしているような感じでもあるし,どれだけ安定したプレーが出来るかでポジション争いが決まりそう。

ペティンさん守備の鍵を握るSユニットですが,このユニットの鍵は「鳥人のモチベーション」でしょう。本来ならば,バードアイランドを竣工済みのはずが,キャンプ全休で未だ工期は初期段階。加えて,怪我も発覚し,更に工期は遅れそう。突貫工事してくれりゃあ,中盤頃には大暴れしてくれそうですが,「今年はボチボチやるべ」とかされたら。。。いかん,いかん,今年は無視するんだった。

【ST】D.ホプキンス(K),S.パウエル(P),G.サンボーン(LS)
(Singed)D.カーペンター(K)(NYJ)
(Cut)L.リンデル(K),B.Stahovich(P)

カーペンター加入は全くの計算外でしたが,これから長らくチームを支えるSTユニットを確立出来たことが大きい。ホプキンス,早く帰ってこい。Rosterに二人もキッカーを置いとく余裕はありまへん。

【Practice Squad】T.ルイス(QB),R.Wingo(RB),T.ストリーター(WR),M.アスパー(OL),E.Coughman(OL),I.クロス(DE),J.ブラトニック(OLB),J.アダムス(CB)

今年は面白そうな若い選手が多くサマーキャンプに参加していたので,Roster漏れから誰を選ぶのか注目していましたが,なんとも意外な結果に。登録した8人で,このキャンプに参加していたのはクロスとブラトニックの二人だけ。最終Roster入りも考えられたZ.ブラウン(RB)もB.カウフマン(WR)もK.Pough(LB)もC.バトラー(CB)もK.エドワーズ(DB)も残りませんでした。
純粋な練習生というよりも,Roster入りしている選手に何かあった場合のリザーブ的な立場でもあるPSだけに,通常は,キャンプを経験しチームのスキームやフィロソフィーに慣れている選手が選ばれるもんですが,今年のBufはバッサリ行きました。果たして,どういう考えからなのか,全く分かりません。

ところで,登録メンバーの中に2012年にドラフト指名したM.アスパーの名前が。。。ドラフト指名ながら初年度で切られた選手ですね。なんでまた,この期に及んで呼び戻したのでしょうか。
この中で注目は,WRのストリーター。2012年のドラフト6巡でマイアミ大フロリダからBal入りした,プロ2年目の選手。196センチの長身ながら,コンバインでは40ヤード4.4を記録しています。プロ入り同期 のT.J.グラハムが4.37ですから,彼よりも16センチ身長の高いのに,ほぼ同タイムで走っています。WRは若くて有望な選手が多いですが,課題のルートランが改善されれば面白い存在になりそうです。

あとは,もちろんブラトニック。早く上がってこい!
スポンサーサイト

| buffalo bills | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/942-aef687a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。