改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Week1 Pats戦感想

みなさん,あけまして,反則&セーフティー祭り


【敗因】
まあ,負け試合なので,まずはこれから。
敗因は,反則,ミス,アメンドーラの3つ。あ,あと,S.ヴァリーンも。
プレシーズンから指摘し続けた反則が,この試合で一番の敗因。今季のファーストプレーがダレウスのニュートラルゾーンインフラクションってのが,なんか象徴してる。
確かに開幕戦は反則が多いのは致し方ない。今日行われた他の試合もこの試合以上に反則祭りになっていたところもあったのはあったし,むしろ,Bufはそれほど多いとは言えない。とは言え,出所が悪すぎ。第1QのR.ウッズの19YレシーブがC.グレンのイリーガルハンドで消え,第3QのFreddyへの15YレシーブがUrbilのイリーガルハンドで消えた。特に後者の方は,Goal前1Yを止めた後のドライブでのもので,あれが通っていたら最低でも3点は入っていたような雰囲気がありました。

次がミス。この試合,スピラーとM.グッドウィンがファンブルを犯し,両方とも直後のドライブでTDを決められた。また,第4QでのStevieのポロリも痛かった。Patsもミスが多く,実は凡戦だったこの試合ですが,天敵相手に勝とうと思ったら,こういうミスをしていたらダメですな。

ほんでもって,Pats新加入のアメンドーラとS.リドリーが干された後に出てきたS.ヴァリーンを最後まで止めれなかったのは戦術的に大きな敗因。アメンドーラには,DBは良くついていたと思うけど,すんでの所で決められ続けました。ヴァリーンもなあ,昨年もそうですが,この人ホントに苦手にしてますね。

てのが敗因。ランオフェンスが機能しなかったのは,ある程度想定済み。昔のスピラーです,って感じで,ホールに無理矢理突っ込むという全く彼の良さが出なかった試合でした。マークされればこんなもんなんでしょう。

【マニュエル試練の16番勝負その1】
さて,いよいよプロデビューのマニュエル。この日のスタッツは18/27,150Y,2TDでQBレート105.5。ランでも3回23Yを記録と上々の出来。途中,反則でパス記録が消えたり,Stevieやチャンドラーのドロップなんかもあったりして,実はもっと良かったはず。
一つ目のTDは,R.ウッズがダブルムーブでA.タリブを抜いたところにヒット。二つ目は,ダブルカバーを受けていたStevieに対し,絶妙なところにリードボールを投げてのもの。どっちも痺れました。

プレシーズンと変わらず,とにかく落ち着いているというのが一番の印象。OLのパスプロが良く持っていたのもありましたが,ラッシュを受けてもドタバタした感じも無く,投げ急いだり,逆に持ちすぎたりも無い,程良い感じ。そして,決定力の高さも変わらずで,派手に投げまくるという感じではありませんが,決めるときにしっかり決めることが出来るQBという印象。レシーバーとのタイミングとか,コントロールは練習で磨けても,この2つは天性のものだと思います。何よりも,「コイツはやってくれる」というワクワク感をこのQBは抱かせてくれます。ま,T.エドワーズの時もそう感じていたので,いい加減なもんですけど。
"Almost Intercept”×2も,結果的には取り消されましたし,持ってる感もありそうですね。

課題は,レシーバー陣とのコンビネーション。まあ,プレシーズン途中から休んでいましたから,このあたりは時間をかければ段々と良くなるでしょう。特に,ロングパスルートの開通とチャンドラーとのホットルート開通が待ち遠しいです。
あと,これはマニュエルだけの問題じゃ無いですが,短いヤードを高い確率で取れるプレーを早く作ることでしょうか。Patsを見ていて,スロットへのスラントが確実にヒットしているのを見て,そう思いました。3rd1なんかで,ショットガンドローなんてのはあまり賢い作戦とはおもえんです。

【新戦術】
最後の最後で初勝利がスルリと逃げた新コーチ陣。まあ,そんなに上手くはいかないですね。
ノーハドルオフェンスは,やはりまだまだ時間が掛かるかなという印象。今は比較的単純なパスプレーをコールしているような印象ですが,それであれば,ハドルを組んでという方が上手く行くような気がしますがいかがでしょうか。
まだまだ,入れ替わった選手も多く,コンビネーションがイマイチな状況ですからね。一つ一つのプレーを確認しながら落ち着いてやれば反則も減るのかなと思います。あと,クロックマネジメントも少し疑問に思うところもありました。ただ,スピラーに拘らず,さっとFreddyに切り替えたのは良い判断だったと思います。

一方のDefenseですが,思ったほどブリッツは少なめでした。玉砕覚悟のブリッツhappy守備でギャンブルするよりも,ラッシュはフロントに任せ,DBを厚めに取りレシービングスペースを消すことに重きを置いていたような気がします。

むしろ,気になるのはランD。特にオフタックル付近がやたら抜けられる。このあたりはDBのラッシュを増やすことで解消されるかも知れませんが,逆にパスカバーが薄くなりそうです。

【DB陣】
DB陣はタイトなカバーを見せていましたが,その上をいったのが,ブレイディのスモールウィンドウへのコントロールとアメンドーラの集中力。まあ,あんなパスをポンポン決められるのは,リーグでも数人しかいないでしょうから,今日くらいのパフォーマンスをこれからも見せてくれれば十分です。ただ,今日,次々と決められたスラントとバンチF対策は必要でしょう。短い距離だけにある程度は決められるでしょうけど,今日はカバーで混乱しているような所もありましたんで。
ただ,ユニットとしては一番頑張っていたような気がします。特に,N.ロビーのカバー力はちびっ子レシーバーでは十分発揮されそうです。ギルモアが抜けたことで,逆に底上げが出来れば災い転じてとなるんですけどね。


試合としては,開幕戦にありがちな凡戦だったと言えますが,Buf的には見所満載の試合でした。特に,マニュエルのパフォーマンスはまずまずで,これから彼のプレーが楽しみ。
Pats戦は,毎年1試合はこういう接戦となり,最後の最後に負けてしまうという展開ですが,今年の試合は今までのような,ベリはんいよる「蛇の生殺し」による接戦という感じでは無く,ほぼ互角の戦いが出来たと思います。Buf的には,反則,ミスと負け要素たっぷりな展開にもかかわらずPatsをここまで追い詰めたのは,自信を持って良いのではないでしょうか。

まだまだ,このチームは始まったところで,伸びしろたっぷりなはずですから,これからが非常に楽しみです。ひょっとしたらひょっとして,と思うシーズンになるかも知れません。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

始まりましたね。
今年はボチボチ行きましょうw

| ばふ | 2013/09/10 01:35 | URL |

はい,今年はボチボチ,りらーっくすして楽しみましょう。
意外と面白いシーズンになるかも?

| びるずだいなすてぃ | 2013/09/14 07:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/945-84a4c699

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT