改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勝利の裏に隠れたナイスプレー

10月4日は「Bufの日」。

Week5のCle戦が,生中継で9時25分からGAORAで,Week4のBal戦が,14時からG+で録画放映されます。

今年は,あんまり中継を期待していなかっただけに,おもわぬ祭りに,早速休暇を申請。

さて,どういう祭りになることやら。


Car戦の劇的な勝利は,未だ興奮冷めやらず。Youtubeでは,こんな映像も見つけました。


このアングルでの映像は,非常にGreat!中継映像とはまた違ったスタジアムの興奮が伝わってきます。

ところで,この試合,現地ファンの間で話題になっている2つのプレーがあるようです。

【Freddyのナイスドロップ】
まあ,これはお気づきのファンが多いかも知れませんが,最後のウィニングドライブで,Freddyがドロップするというシーンがありました。
残り48秒からのプレー,セーフティーバルブの位置にいたFreddyへマニュエルはパスを投げますが,これにLBのT.デービスが即座に反応し,スクリメージから1,2Y下がった位置でタックルを受け,パスをポロリ。
これが,「わざとやったんじゃねーか。」と試合直後から話題に。まあ,現地放送で解説をしていたR.バーバーも「ナイスJob」と賞賛していましたけど,映像で見る限り,デービスの姿にいつ気づき,本当にわざと落としたのか,という疑問の声が上がりました。
試合後,Freddyは,Twitterでわざと落としたことを次のように認めました。


また,インタビューでも,「ノーハドルとは言え,プレートプレーの間では,10秒程度は浪費してしまう。そのことは常に頭にはある。」とFreddyは語っていました。
結局,ドロップしたことで,時間は止まり,2 and 10にはなったものの,次のStevieへのパスであっさりとダウン更新。2ミニッツドライブには,プレー感に流れるような雰囲気が必要だと思いますが,あのドロップはその流れに乗ったものだったと思います。

もし,あの場面でレシーブしていたら,デービスの反応がもう少し遅かったら,と考えると,そういう要素も含んでの逆転劇だったと考えられます。やっぱり,マニュエル,もっとるな!

【R.ウッズのパスインターフェア】
Freddyのとは違い,こちらはなんとも微妙なプレー。
後半最初のドライブは,R.ウッズへの長いパスが2回決まるなどして,敵陣深くに攻め込みます。で,20Y地点からのプレー,SEの位置にセットしたウッズに,マニュエルはクイックパスを投げますが,ウッズは逆にパスインターフェアの反則を取られてしまいました。
このプレーも実は,ウッズがわざと反則をして,相手のインターセプトを防いだのではないかということが指摘されています。仮に,インターセプトされていれば,アウトサイドへのパス特有の「前ががら空き状態」でそのままPick6となっていたかもしれません。
結局,このドライブはFGで終わりますが,仮にPick6を決められていれば3-14となっていたでしょうし,6-7とは大きな違いです。
映像で見る限り,確かにそう言われればそう見えます。この点については,ウッズは何も言っていないので真偽は定かではありませんが,反則後のウッズの表情からすると,なんとなく確信犯的なものを感じました。

ウッズは第2Qでも,ウィングの位置から外側のディープに走るルート(なんてルート名か忘れました。)をとりながら,マニュエルがスクランブルでポケットから出ているのをて即座にカムバックしてフリーとなり,マニュエルのパスをレシーブするプレーを見せました。

ウッズは,とてもルーキーとは思えないクレバーなプレーを毎週見せてくれています。スロット専門といわれたドラフト評価と違い,アウトサイドでのプレーも問題無いですし,この試合でのように,スロットやウィングの位置からもプレー出来る非常に有り難い選手。2年後くらいには,彼がエースレシーバーになっていても不思議では無いでしょう。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/948-38a370f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT