改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Week3 ゴッサム戦Preview

さて,もう一つの怨敵との今季初対戦。


【怪我人状況】
両チームとも,徐々に怪我人が復帰している状況。NYJはI-Rリストに載っている選手は数多いですが,控えのOLを除いては皆Probableなので試合出場は可能。Q.Coplesもどうやら今シーズン初めて出場するようですしPats戦で負傷したM.ウィルカーソンも出場予定。ただ,ACL断裂からの復帰となるエースレシーバーのS.ホームズは完調にはほど遠いらしく,スピードは全然戻っていないという話もあります。Coplesや脳震盪のテストをクリアしたJ.カーリーも万全な状態ではないでしょう。

一方のBuf。outとなっているのは,S.ギルモア,M.グッドウィン,R.ブルックスの手術組に加え,今週復帰と言われていたKのD.ホプキンスも結局ダメでした。ギルモア,グッドウィンは既に別メニューでの練習を始めており,サースデイナイト明けのW6あたりを目指しているようです。
問題の鳥さんは,先週までのDoubtfulからQuestionableにグレードアップし,今のところ,当日の様子を見てとのこと。ただ,練習ではずっとスカウトチームに入っていました。これが,ホールドアウトによるプレー習得の出遅れによるものなのか,怪我によるものなのかは分かりませんが,立場的に前者ということはなさそう。やはり,まだまだ完調ではないようです。個人的には,今週も休ませて良いんじゃ無いでしょうか。出ても,こなすスナップ数は少ないでしょうし,中途半端に出るくらいなら休んどけ,という感じです。あ,イケネ。無視,無視。。。
控えOGのD.LegurskiもQuestionableにグレードアップしていますが,こちらもアクティブとなるかは微妙です。

【新人QB対決】
新しいページを開こうとしているAFC東地区にあって,これから数多く対戦するであろう(多分),EJとGenoの同期QB対決の第1ラウンド。
ここまで二人とも開幕から2試合連続で全スナップを任され,チームは1勝1敗。共にプロ初勝利は相手の反則に助けられての劇的な勝利と,何かとシンクロしている。お互い順調に育てば,ドラフト時の指名順を巡る因縁もあって,強力なライバリーになるはず。って,こちとら,そんな余裕も無いので,EJだけが順調に育つことを祈っているのが本音ですが。w

これまでの成績を大本営のスタッツ比較サイトで表すと,こんな感じになりました
数字ではEJが圧倒してますね。ただまあ,2試合だけのサンプルですし,参考にはならんでしょう。

両者のポイントはというと,EJは,過去2試合少なめだった相手のブリッツと初のメットライフ対策。
Car戦の最後のTDでもブリッツが入ってくる中,冷静に対処して決めましたし,ラッシュを受けてピヨる選手では無さそうですが,T.エドワーズ,R.フィッツパトリックとBufファンが「フランチャイズQB,此処に誕生」とぬか喜びしたQB二人もギャンググリーンのラッシュ攻勢に撃沈しましたので,気になるところです。
また,レギュラーシーズンでは初のロードとなります。大音響のスタジアムで普段の心理,コミュニケーションが保てるか。まあ,本人は,「これまで10万に近いスタジアムで試合をしたこともあるので大丈夫」とボウルゲーム4戦4勝という実績を持っているだけに,気にしていない様子。ま,この人がピヨる姿は想像できないですけどね。むしろ,気になるのはコミュニケーションの方。練習ではハンドシグナルの確認に時間をかけていたようですが,ただでさえフォルススタートの多いので,オフェンスの障害にならないか気になるところです。

ロードですし,NYJのオフェンスに爆発力は感じられないので,早いうちに得点を重ねて,試合を優位に進めたいところです。Bufは,過去2試合,第1Qの獲得ヤードは平均53.5ヤードで,それ以降の各Qは,平均102.5ヤードを獲得していることからも,このスロースターターぶりを献上したいところです。 モメンタム合戦になれば,敵地だけに窮地に追い込まれます。まあ,そういう時にEJがどんなパフォを見せるかも見たい気はしますが。

一方のGenoもラッシュ対策でしょう。Pats戦を見ても,持ち過ぎとリリースの遅さが欠点ですし,足は速いようですが,スクランブラーという感じでも無いので,Bufとしては,ポケットを潰したいところ。今まで以上なブリッツハッピーな戦略を立ててくるかも知れません。

【師弟対決】
この試合のもう一つの楽しみは,もちろん,ペティンさんとR.ライアンの師弟守備対決。二人の出逢いはペティンさんが守備アシスタントとして主に対戦チームのフィルム分析を担当していた2001年,その後,ライアンがBalのDCからNYJのHCに就任した際にペティンさんを右腕として引っ張って来て,昨シーズンまでHCとDCという蜜月関係にありました。
二人の関係が悪化したという噂をペティンさんは否定していますが,とにかく昨年限りで,ペティンさんはライアンと袂を分かつことを決意し,BufのDCに就任しました。いつまで経ってもライアンの影武者としてしか扱われないことから脱却したい思いが強かったのはペティンさんの発言からも間違いない感じ。なので,一人でも出来ることを見せたいと思っているはず。
ペティンさんは,記者会見で「この試合が,他の試合と同じでそれ以上の意味を持っていなかった,とか,勝ちたい思いが他の試合以上に強いというわけではなかったと言えば,嘘つきになる。」と正直な気持ちを語っています。

これまでの両チームの守備ですが,トータルは,Bufがリーグ18位に対し,NYJは2位,ランはBufが30位に対し,NYJは4位,パスはBufが13位に対し,NYJは6位,と完全にNYJの勝利。NYJ守備は平均で15点しか取られていません。
今年のNYJは,新人のS.リチャードソンと3年目のM.ウィルカーソンのDLコンビの活躍が目立ちます。

両チームの守備比較ですが,面白い記事がありました。
http://espn.go.com/blog/afceast/post/_/id/64934/blitzing-could-define-pettine-rex-reunion

5人以上のラッシュを入れた際の相手QBのパス成功率はBufが50%(リーグ4位)で,NYJは42.9%(リーグ3位),但し,パスを通された際,Bufは平均8Y(リーグ6位)で止めているものの,NYJは平均13.18Yを通され,これはリーグで下から7番目の成績。
NYJはどうかわかりませんが,これだけ短い距離で止めているのは,パスカバーがしっかり反応して,しっかりと止めているからだと思います。

ただ,ペティンさんがライアンを必要以上に意識する必要は無く,本人も言っているように,「ライアンの影」を追いかけないようにすることが必要だと思います。変に意識したプレーコールをすれば,それこそ思うツボでしょう。しっかりとゲームプランを立て,それを実行できるかが鍵でしょうか。

【マリオのリベンジ】
Car戦で自己&フランチャイズの1試合最多サックを決めて,リーグの週間守備MVPに選ばれたマリオ。彼のこの活躍に対し,NYJのA.バーンズは「Carの話だろ?俺たちのOLは強いぜ。そいつらと練習をいつもしている,俺たちの守備は最凄いぜ。」と鼻で笑ったとか。まあ,伏線として,E.ウッドがNYJを「クソ生意気な連中」と言ったことがあるようですが。

この話題はともかく,マリオがこの試合で果たしておきたいのは,昨年のリベンジ。昨年の開幕戦,BufはNYJと当たり,28-48と大敗を喫しているのですが,Bufでのデビュー戦となったマリオもサックを1つも奪えませんでした。試合後,マリオは対峙したRTのA.ハワードが殆どのプレーでブロックの際,マリオの顔をパンチしていた,審判は反則を取ってくれなかった,と訴えていました。2度目の対戦だった最終戦でもサックを奪えていません。
今回が3度目の対戦。練習では特に気にしていない,とマリオは言っていますが,リベンジに燃えているはず。十分対策は練っていることでしょう。この試合はどれだけプレッシャーを与えられるかが鍵。マリオも大きな鍵を握っていると思います。
昨シーズンは,試合後との好不調が激しかったマリオですが,この試合でも先週のような活躍をして今年は違うところを見せて欲しいです。

【負けパターンの克服】
いつもNYJにやられるのは,オフェンスではラッシュかけられまくって,ファンブルやIntを食らうパターン,ディフェンスでは真ん中のランでロングゲインされて守備の心が折られるパターン。
オフェンスでは,EJをOLが何処まで守れるか,ミスや反則をしないか,という基本的なもの。今の状態であれば,ある程度の得点は期待出来ると思います。意外に鍵を握っているのはKのD.カーペンターかも知れません。
ディフェンスでは,まずは真ん中のランをしっかり止めること。苦手にしていたS.グリーンがいなくなりましたが,B.パウエルにも結構走られている印象があります。
ランさえしっかり止めれば,Genoがラッシュをかいくぐってパスを通し続けるという姿は想像できないので,オフェンスの機能不全に出来るでしょう。

【予想】
20-10でBuf勝利。冷静にミス無く試合を進めれれば,勝機は大いにあると思います。特に,今のBuf守備は,NYJにはまる気がする。もちろん,良い意味で。
ロードという厳しい環境ではありますが,意外とメットライフでのNYJ戦の方が善戦している記憶なので,今度こそ勝利して欲しいものです。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 11:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/951-da05822d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT