改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Week9 無敵艦隊撃沈ならずの巻

ここ数年で聞き飽きたフレーズ。

The Good Football Team couldnt win.

その際たる試合。恐るべし,超ラッキー軍団KC。


【敗因】
1.TuelのミラクルPick6
2.グラハムのアホファンブル

ホンマにようわからん負け方。個人的には,1つ2つのプレーを勝因や敗因に挙げたくないのですが,この試合だけは別。この2プレー以外に敗因を見つけようにも見つけられない。
ランは今シーズン最長距離を稼いだし,パスオフェンスも予想以上に機能した。守備もBigプレーは決めれなかったものの,責任と言える失点はFG2回の6失点のみとほぼ完璧な仕事をした。試合全般を通じてもKCにモメンタムらしいモメンタムを一度も与えなかった。
けど,結果的には10点差をつけられての敗戦。まあ,他にも要因を探せば出てくるんでしょうけど,特に1が無ければ,間違いなく勝っていた試合でしょう。勝ってれば,リーグ唯一の無敗チームに完勝することで,リーグの評価もチームの勢いもついたはず。あまりにも大きな魚を逃してしまいました。

どうでもええけど,グラハムに期待するのはやめました。ギャンブルでのTDレシーブし損ない(ドロップでは無いけど,取れてたボール)も酷かった。昨年のPats戦でのルート間違いなど,Fitz無き後の負のオーラ満載の選手。

【Tuel Time】
とはいえ,先発のTuelはよく頑張りました。前半はインセプ以外は素晴らしいドライブの演出を見せたし,第1Qに見せたR.ウッズへのパスデリバリーなんて感動もの。決められなかったけど,ウッズへのTDパスもプレーとしては成立していて,あと少しリード気味のボールを投げていれば決まっていたプレーでした。グッドウィンへのTDパスは言わずもがな。
プレッシャーにもテンパる様子が無く,レシーバーのガン見も無し,と賞賛できる要素は山ほどありました。けど,勝てなかった。多分,彼がこれから伸びていくか否かの大きなのは,この点なんでしょう。

とりあえず,光るものは見せてくれましたし,成長次第では面白い存在になる可能性も見せてくれました。まずは,パスコントロールの不安定さの解消,特にロングパスを投げる際の不安定さはフォームなどテクニカルな部分に原因がありそうです。

【例のインセプ】
とはいえ,あのインセプは振り替えざるを得ない。場面は10-3で前半をリードして迎えた第3QのOPドライブ。スピラーのビッグゲインなどランで押しまくって,ゴールまで1st&1Yという状況でした。
まず2回連続でフレディの真ん中のランをコールするもKC守備にがっちり止められてしまいます。んでもって,問題のプレー。レシーバー3人を右側にセットさせ,一番内側のStevieがまっすぐ抜け,カバーしていた守備選手がそれについていき,空いたスペースにもう一人のレシーバーが走り込んでレシーブしてTDというのが机上の計算。それが,不幸なことにその着いていくはずの選手が何故か残っていて,そこにストライクのパスが来てしまった。更に不幸なことに,ゴール前守備だったので,目の前ががら空きで,そのまま100YのPick6を決められてしまった,という感じ。Pick6を決めたS.スミスは超ラッキー。
要は,プレーとしてはデザイン通りであり,しかしながら,KCの今シーズンを象徴するかのような見えざる手が働いてしまった結果と言えると思いますが,これはOCのコールで防ぐことが出来たはず。例えば,ランでもう一回行くとか,前2回のランプレーを活かしてのパス攻撃をするとか。一番やってはいけないインセプの可能性のある内側のパスプレーをコールするというのは,ハッキリ言ってOCのコールミスでしょう。結果論では無く。
せめて,FGだけでも決まっていれば13-3。KCのオフェンスにTDを取れる気配はこの試合は無かったし,モメンタムを維持することも出来たであろうし。返す返す,もったいないプレー。
ただ,このミスを次に活かせば良い。結局,#ビルズクオリティが1つ増えただけになってしまうことだけは避けて欲しい。

【470 VS 210】
この試合,おそらくランオフェンスと守備は今シーズンベストのパフォーマンスで,結果としての数字がこれ。両チームの獲得ヤード数。しかも,KCが最後のドライブでヤードを稼ぐ前は3倍近い差がありました。この数字だけでも,この試合の結果の不思議さが分かるはず。
KCは,2列目以降は引き気味のゾーン中心で守ってくるのは分かっていたし,LBのD.ジョンソンを機能させなければある程度,ランが出ることは計算できたので,それはミッション達成。
一方の守備は,ロングパスがなく,小刻みにオフェンスを進めるスタイルはBuf守備にとっては相性が良く,オフェンス全体の4割を占めるJ.チャールズさえ止めておけば機能しないと思っていたので,結果80Yは走られたものの,ゲームの殆どは機能させていなかったので,こちらもミッション達成。

オフェンスは,ファーストドライブのチャンドラーのドロップが無ければFGは取れてただろうし,Pick6が無ければもちろんFGは決まっていた。また,Pick6後に逆転された返しのドライブでもグッドウィンのルートミスが無ければTDドライブにつなげる勢いだった。一方の守備は実質的な失点はFG2回の6点のみ。14点が守備TDだったし,3点はインターセプトからつなげたもの。
GAORAで見直したものの,Bills的に見所は山ほどあった試合。で,なんで負けたの?

【3-6】
今日の敗戦で3勝6敗。地区首位Patsとは,4ゲーム差となりました。Patsが6敗以上するとは思えず,WC争いもKCかDenのどっちかで確定してますんで,残り枠は1つ。まだ可能性としては大いにアリですが,殆ど風前の灯火。
今後のスケジュールはこれまでと比べると多少マシですが,流石に全勝は出来ないでしょう。
とはいえ,今季は着実に進歩しているシーズン。そろそろEJも戻ってくる頃でしょうし,何とか来シーズンにつなげるシーズンにして欲しい。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 20:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いやー、勝ちを想像してしまいました、第3Qの押せ押せの場面。。個人的にはFreddyが2回のランを止められた時は、時計が動いてくれるので、これで良し良し時間まわれっと思っていたのですが。。あのインセプには呆然。。。守備ミスをした奴が一番美味しいTD決めたのですかね??きっと3~4年は忘れることができないトラウマプレーだと思います。。恐らく当地でのテレビ放映もそろそろBlockされる状況だと思われますが、、いや、それなりに楽しいシーズンだったと思います・・

| ichirops | 2013/11/06 10:56 | URL |

あと最後の試合終了寸前のプレーですが、とりあえずFG蹴って(狙って)7点差にして、Onside Kickすべきだったんじゃないっすか??TVの前で驚いてしまいましたが、、ご意見お聞かせ下さいまし。

| ichirops | 2013/11/06 11:09 | URL |

コメントありがとうございます。
まず,Pick6の場面ですが,このサイトが説明しています。
http://www.buffalorumblings.com/2013/11/5/5068380/bills-vs-chiefs-recap-diagramming-the-sean-smith-pick-six#4028263

Stevieは多分,グラハム,ウッズに続く第3レシーバー。
Tuelは,左サイドからラッシュが2枚入ってきたところが見えたのでレシーバーを選択する余裕が無く,第1ターゲットにクイックのタイミングで投げた。
運悪く,Stevieのバンプでバランスを崩した(カバーを出来なかった)S.スミスが体勢を整えたところに,ボールが飛んできたという感じです。やはり,スミスが狙ってそのルートにいたとは映像で見る限り考えにくいです。
とは言え,スミスがその場所にいなかったとしても,グラハムに付いていたクーパーのカバーが素晴らしかったのでパスは通っていない可能性が高いとの指摘。確かにその通りですね。
結果的には,KCのブリッツ攻撃が功を奏したわけですけども,予想していた以上の結果が伴ってしまったという感じですね。
的確な守備リードを現時点でTuelに求めるのは酷ですし,コーチがやはり考えないといけなかったでしょうね。

次に,最後のドライブについてですが,個人的にはあれで問題無いと思います。私も一瞬頭をよぎりましたが,TDを取った後でのオンサイドとFG後のオンサイドでは,勢いとしては前者の方が遙かにあると思います。
それに,オンサイド成功後のことを考えると,タイムアウトが1つしか残ってなかった状況下でTuelに,時間を残してのTDドライブと時間を残さずのFG圏内へのドライブのどちらが可能性があるかと考えると,やはり圧倒的に後者だと思います。FG圏内であれば,オンサイドを押さえた位置から,1,2回のプレーで持ち込めますが,TDであれば,5,6回のプレーが最低でも必要になるでしょうからねえ。もちろん,Cin戦みたいに一発TDというのも無くは無いですけど,可能性としては極めて低いでしょうね。私の意見は,こんな感じですかね。

まあ,プレーオフの可能性はぐぐっと減りましたが,EJも帰ってきて,ようやくベストメンバーが揃いますので残りのシーズン楽しみましょう。

| びるずだいなすてぃ | 2013/11/06 21:44 | URL |

だいなすてぃさん、解説有難うございました!大変勉強になりました。今週からは大丈夫そうな気がします・・JETSは恐いですが・・

| ichirops | 2013/11/08 12:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/981-f570215b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。